Q.4給与の差押があった場合や、住宅が競売になった場合、任意整理はできないのですか。 | 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室|弁護士法人リーガル東京

リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス
  • HOME
  • 任意整理について
  • Q.4給与の差押があった場合や、住宅が競売になった場合、任意整理はできないのですか。

Q.4給与の差押があった場合や、住宅が競売になった場合、任意整理はできないのですか。

A.4給与の差押や住宅の競売という事態になったら、任意整理が難しいことが多いです。

 
 住宅ローンを滞納し一括返済を求められたり、住宅を競売にされたりしても、弁護士法人リーガル東京は、弁護士などの専門家集団ですから、いたずらに任意売却(リースバックを含む)を勧めたりしません。
 
 希望する相談者には、住宅を処分しなくて済む個人再生手続の利用可能性を探します。また住宅が競売になった相談者には、競売を止める手続(特定調停など)の可能性など、住宅を他人に売らなくてもよい解決方法を模索検討し、裁判所を依頼者の味方にさせるように最大限努力します。
 
 また競売の通知が来た方は、不安がいっぱいですから、任意売却や債務整理などを依頼された方のために、執行官との連絡・交渉、競落人との交渉(引越代や引越時期の交渉など)を無料でいたします。

 

 

 

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg
Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.