Q11)住宅が競売になったら、任意売却やリースバックは、できないですか。 | 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室|弁護士法人リーガル東京

リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

Q11)住宅が競売になったら、任意売却やリースバックは、できないですか。

  A11)住宅が競売になった場合でも、任意売却は可能ですが、買受人を探す活動や抵当権者との交渉に手間と時間がかかりますので、競売になっての相談ですと、任意売却やリースバックが日程的に難しいケースがあります。競売になる前に、ご相談されるのがベターです。特にノンバンクは、返済が1回でも遅れると、期限の利益を喪失させ、競売に着手するケースが少なくないので、注意してください。
  
 競売になった後に、任意売却やリースバックをする場合には、競売の入札期日開始前に、原則代金決済をしなければなりません。そうでないと抵当権者が任意売却やリースバックに協力してくれない場合がほとんどだからです。抵当権者が、競売手続を進めるより任意売却(リースバックを含む)の方が有利(より高く売却できるとか、より早く返済を受けられる場合)と判断したときは、抵当権者が入札期日の延期をしてくれることもあります。
  
 万一、競売の入札期日前に代金決済ができないときで、抵当権者が自発的に入札期日延期をしてくれない場合は、所有者(抵当債務者)が特定調停を申し立てて競売の一時停止をすることもできます。このような法的手続は、弁護士法人リーガル東京がいたしております。いずれにしても競売になってから、任意売却やリースバックを進めても、上手くいかないケースが少なくありません。弁護士法人リーガル東京に、早め早めに相談されることをお勧めします。

 

 

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg
Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.