Q15)リースバックには、どういう種類がありますか。 | 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室|弁護士法人リーガル東京

リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

Q15)リースバックには、どういう種類がありますか。

  A15) 弁護士法人リーガル東京のリースバックには、以下のような種類があり
ます。
 
 1、 リースバック対象物件について
リースバック対象の物件は、原則住宅です。住宅なら、一戸建・区分所有マンション・賃貸併用住宅・店舗併用住宅でもかまいません。事業用物件のリースバックも事案によっては検討しています。

 2、 リースバック対象物件の価格について物件価格は、1000万円位から2億円位までです。それ以上の高価格でもリースバックを検討できますが、現実問題として売却後の(賃貸料)リース料の支払を考慮すると、よほど収入がある方でないと高額の賃料の支払が困難ですので、取扱いができません。

 3、リースバックでの賃貸借期間について
リースバックの期間は、6ヶ月以上10年以下の範囲で、売主買主双方の希望を聞いて契約時に定めます。賃貸借は再契約可能または更新可能の形が原則です。

 4、 リースバックの賃貸料について
リースバック対象物件の売買価格や投資利回り、近隣の賃貸事例などを考慮してリーガル東京が算定します。一般的には東京都内なら投資利回り7%から10%位の賃料設定であり、それ以外の地域では投資利回り10%から15%位の賃料設定です。

 5、買戻(または再売買)の予約について
リースバック対象物件を売却しても、後日売主が買い戻す特約や売主の身内に転売する特約を設定することができます。

 6、リースバックは、以上のような条件を、いろいろと組み合わせて、売主買主の希望にできるだけ沿うようオリジナルな内容の契約としています。弁護士法人リーガル東京だからできることなのです。
 

 

 

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg
Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.