Q21 「リバースモーゲージ」とは何ですか。「リースバック」との違いを、説明してください。 | 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室|弁護士法人リーガル東京

リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

Q21 「リバースモーゲージ」とは何ですか。「リースバック」との違いを、説明してください。

A21 「リバースモーゲージ」とは、所有不動産(主に自宅)を担保にして金融機関や自治体などから融資を受け、融資された借入金は、所有者が亡くなった時に自宅を売却して一括返済する方法です。所有不動産を生存中に売却する「リースバック」とは、以下の点で違い
があります。
①リースバックは、売買契約がなされ不動産の所有者が変わります。
リバースモーゲージは、所有者生存中は、不動産の所有名義が変わりません。したがって固定資産税・都市計画税が従来どおり賦課されます。
②リースバックで得た資金(売却代金)の使い道は、自由です。
リバースモーゲージで得た資金(借入金)の使い道は、制限される場合があります。投資資金や事業資金に使うことが認められないことがあります。
③リースバックの利用には、所有者(売主)の年齢制限はありません。
リバースモーゲージは、所有者(借主)が65歳以上という制限が設けられている場合があります。
④リースバックは、売却する対象物件に制限がありません。自宅だけでなく、事務所・工場などでも構いません。
リバースモーゲージの対象は、原則一戸建住宅です。区分所有マンションはリバースモーゲージを利用できない場合があります。
⑤リースバックは、売却しても所有者側で買戻せるという条件をつけることができます。
リバースモーゲージは、所有者死亡により売却され、代金が借入金返済に充てられます。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg
Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.