Q.1借金を返済できず両親の家が競売にされそうです。親子間で売買し銀行融資を受けて借金返済をしたいのですが、できますか。 | 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室|弁護士法人リーガル東京

リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

Q.1借金を返済できず両親の家が競売にされそうです。親子間で売買し銀行融資を受けて
借金返済をしたいのですが、できますか。

A.1金融機関(銀行・信用金庫など)から融資を受けて、親子間売買をすることは、難しいことが
多いですが、融資をしてくれる金融機関もないわけではありません。

親子間売買とは、両親が所有する不動産を子が購入すること、あるいは子が所有する不動産を両親が購入することを、いいます。
購入する側に自己資金がある場合、親子間売買は容易でしょうが、そうでないときは、融資を受ける金融機関を見つけるのに苦労します。
 
金融機関が親子間売買の融資に消極的であるのは、通常なら相続で取得できる不動産を親子間で売買するというのが、特異だからです。借金返済に困る状況下での親子間売買が少なくないので、当該売買が詐害行為にならないかなどコンプライアンスの問題も検討しなければならないからだと思います。
 
 けれども親子間売買について、融資をしてくれる金融機関を見つけて、購入者の属性(資産・収入状況など)がよければ、融資を受けての親子間売買が可能です。
 
 弁護士法人リーガル東京では、親子間売買を希望する方で融資の可能性がある場合、融資先金融機関をご紹介しております。当事務所では、親子間売買によって債務整理した解決事例がいくつもあります。
 
 なお金融機関から融資を受けるに当たり、宅地建物取引業の免許のある不動産会社作成の売買契約書や重要事項説明書が不可欠です。
 弁護士法人リーガル東京が提携する不動産会社が、所定手数料にて、これら書類を作成いたします。

 

 

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg
Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.