Q.9住宅ローンを夫が返済するという約束で離婚し、住宅を財産分与でもらいました。数年後、夫が住宅ローンを返済できない状況になりました。どうすればいいですか。 | 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室|弁護士法人リーガル東京

リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス
  • HOME
  • 任意売却について
  • Q.9住宅ローンを夫が返済するという約束で離婚し、住宅を財産分与でもらいました。数年後、夫が住宅ローンを返済できない状況になりました。どうすればいいですか。

Q.9住宅ローンを夫が返済するという約束で離婚し、住宅を財産分与でもらいました。
数年後、夫が住宅ローンを返済できない状況になりました。どうすればいいですか。

A.9住宅ローンの名義が離婚した元夫名義の場合、元夫の協力がないと任意売却の難しいことが
多いです。

 
借入先金融機関に提出する書類に元夫の署名押印が必要だからです。
 
元夫の協力が得られない場合でも、離婚した元妻側が住宅ローン返済解決金を用意できるとか、元妻の親族が住宅を購入するなどの事情があれば、特定調停を申し立て、ローン債権者と交渉することができます。

 

元妻が住宅所有者なので、抵当不動産の第三取得者として住宅ローン返済することを、債権者は法律上拒否できないからです。
 
離婚するに際し、住宅名義や住宅ローンの取り扱いを上手にしないと、 離婚後に新たな悩みを背負う恐れがあります。
離婚する前に、経験豊富な弁護士に相談されることを、お勧めします。

任意売却Q&A

Q.1任意売却とは、何ですか。

Q.2任意売却する場合、どのような費用がかかりますか。

Q.3任意売却と不動産売却の違いは、何ですか。

Q.4任意売却は、どこに依頼するのが良いでしょうか。不動産業者に依頼する場合と弁護士法人リーガル東京に依頼する場合とで、違いはありますか。

Q.5任意売却には、どんなメリットがありますか。

Q.6任意売却にデメリットはないのですか。

Q.7任意売却してもローン(抵当債務)が残ってしまったら、どうすればいいですか。

Q.8会社経営していた夫が、会社倒産後、行方不明になりました。会社債務の抵当権が
付いた住宅は、どうなりますか。

Q.9住宅ローンを夫が返済するという約束で離婚し、住宅を財産分与でもらいました。
数年後、夫が住宅ローンを返済できない状況になりました。どうすればいいですか。

Q.10任意売却を相談依頼した場合、どのような手続きになりますか。

 

 

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

マスコミ取材実績

side_button_03.jpg

住宅ローンの返済・滞納Q&A

Contents menu

相談から解決までの流れ

Access Map

アクセスページはこちら

住宅ローン滞納・任意売却のご相談

ImgLS40001.jpg

弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談

相続問題 遺産分割に関するご相談

弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談

相続税申告相続税対策に関するご相談

リーガル東京オーナーズクラブのご案内

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.