Q.3住宅が競売で落札されましたが、住宅ローン債務が、かなり残りました。どうすればよいですか。 | 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室|弁護士法人リーガル東京

リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス
  • HOME
  • 不動産競売について
  • Q.3住宅が競売で落札されましたが、住宅ローン債務が、かなり残りました。どうすればよいですか。

Q.3住宅が競売で落札されましたが、住宅ローン債務が、かなり残りました。
どうすればよいですか。

A.3いわゆるオーバーローン物件(抵当権などの担保付債務額より不動産の価値の方が低い物件)は、不動産競売(あるいは任意売却)でも、債務が残ります。

このような場合に残債務を整理しないで放置していると、金融機関や保証会社は、
サービサー(債権回収会社)に残貸金債権を譲渡してしまい、サービサーから返済を督促され、
この督促を放置していると、債権取立ての訴訟をされ、財産(給与等)差押をされる恐れがあります。
 

 

したがって、このような場合、債務者の資産収入状況や、残債務額などを比較検討し、経験豊富な弁護士に債務整理(任意整理・個人再生・自己破産等)を相談依頼すべきでしょう。

 

 

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg
Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.