任意売却で債務整理した解決事例 | 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室|弁護士法人リーガル東京

リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス
  • HOME
  • 任意売却で債務整理した解決事例

任意売却で債務整理した解決事例

解決事例① 任意売却と自己破産で債務整理し解消

木村様は、住宅ローンの返済が苦しいので、大手不動産会社に自宅の売却を相談しました。不動産会社営業担当者から、最初は、住宅ローンを全額返済できる金額で売却できそうだと言われていました。しかし、その後売り出し価格の引き下げを何回か求められ、結局、数百万円以上も引き下げないと売買できないと言われました。最終的に抵当債務を損切りしないと売買できないことになりました。しかし損切り交渉については、売主である木村様本人が、金融機関と交渉をしてほしいと言われました。不安に思った木村様は、弁護士法人リーガル東京に相談しました。
ご相談内容 解決の内容はこちら

 

解決事例② 任意売却後、残債務について弁護士費用0円で自己破産し解決

小さな工務店(会社)を経営する岩田様は、売り上げが減少したことで、住宅ローン返済ができなくなり、住宅の任意売却と自己破産を考えました。しかし手元資金が乏しかったので、自己破産を弁護士に依頼できませんでした。ところが弁護士法人リーガル東京のサイトを見たところ、任意売却仲介手数料から自己破産弁護士費用を捻出するシステムがあるというので、自己破産の相談に来ました。

 

解決事例③ 任意売却で借金完済し、解決

樋口様は、都内に住宅マンションを所有していましたが、勤務先の業績悪化でボーナスがなくなり、収入減少で約4200万円の住宅ローン返済(ボーナス時返済)ができなくなり、また約300万円のカードローンもありました。そこで任意売却と自己破産を考えて、弁護士法人リーガル東京に相談にきました。
 

解決事例④ 任意売却と任意整理で債務精算し、解決

福井様は、自営業が不振で、住宅ローンを1年以上延滞し、保証弁済により住宅ローン債権が保証会社に移転しており、さらに固定資産税や住民税等の税金滞納による住宅(一戸建)の差押をされていました。
福井様は、大手不動産会社に任意売却を依頼しましたが、滞納処分(差押)の解除交渉や抵当権解除交渉を売主自ら行わないといけないことに不満を持ち、弁護士法人リーガル東京に相談しました。

 

解決事例⑤ 競売不動産を任意売却し、残債務を自己破産で解決した例

中川様は、同居を希望する母親の希望で、新築建売住宅を購入し住宅ローンを組みました。母親が費用を負担するというので、母親の言うなりに、500万円以上かけて自宅リフォームをしたところ、 中川様の妻と母親との不仲もあり、母親がリフォームロ―ンの返済を止めてしまいました。その上、これまで母親が負担したローン返済分を立替金だとして、母親から返還を求める訴訟をされました。
中川様は、このままでは、住宅ローンとリフォームローンを返済できな いし、このまま母親との同居継続も無理と考え、母親との別居と自己破産を考え、相談に来所されました。

解決事例⑥ 任意売却と自己破産手続を同時に進めて解決した例

松井様は、服飾関係の会社の代表取締役でしたが、事業がうまくいかなくなり、松井様が連帯保証している会社の債務や、松井様名義の住宅ローン等が支払えなくなり、総額約6000万円もの債務返済は難しく、自己破産も考え、弁護士法人リーガル東京に来所されました。
ご相談内容 解決の内容はこちら

 

 

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg
Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.