競売になったアパートを買戻し条件付で任意売却した事例 | 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室|弁護士法人リーガル東京

リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

競売になったアパートを買戻し条件付で任意売却した事例

・神奈川県在住 ・平岡様(仮名)・70代女性 ・賃貸経営者

ご相談内容

平岡様は、神奈川県内の自己所有地にアパート2棟を建築所有し賃貸経営をしていましたが、高齢のため賃料収入の管理を長男に任せていました。ところが長男が賃料収入を使い込んでしまい、アパート建築ローンの支払を何ヶ月も不履行してしまいました。金融機関から借りた債務が4500万円以上も残っていましたが、期限の利益を失ってしまい一括請求されました。
 
平岡様は、所有するアパートの内1棟を売却しようと、大手不動産会社に売却依頼しましたが、1年以上経っても売却できませんでした。また次男が金融機関からの借換えの形を模索しましたが、損害金を含めめ合計金5000万円以上になった融資金の借換えはできませんでした。そのうち抵当権が付いたアパート2棟全部について競売申立をされてしまい、困った平岡様一家が、弁護士法人リーガル東京に相談に来ました。
 

解決の内容

平岡様一家は、アパートが競売にされて見ず知らずの第三者の所有となることは絶対避けたいとの強い意向を持っていました。そこで、リーガル東京に、買戻し条件付で競売になったアパートを任意売却できないか、相談しました。債務額とアパートの時価から見て、アパート1棟売却すれば、債務整理できる状況でした。
 
先ずリーガル東京は、不動産投資家の紹介を提案しましたが、平岡様側が、仲介手数料の支払いをしない方向を希望したため、次に系列の不動産会社への任意売却を提案しました。将来、平岡様の次男が買い戻す条件で、平岡様が所有するアパートの内1棟について、代金5500万円ほどで売買が成立し、アパートの競売を回避できました。

リーガル東京では、将来平岡様の次男が買い戻すためのサポート(融資先の紹介など)をする予定です。
 

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg
Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.