解決事例⑳ 無職となり自宅を条件付でリースバック | 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室|弁護士法人リーガル東京

リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

解決事例⑳ 無職となり自宅を条件付でリースバック

東京都 森谷様(仮名・無職・50代・男性)
 

ご相談内容

 森谷様は、両親から都内の一戸建を相続し居住していましたが、リストラにより無職無収入となり、自宅土地建物を担保のノンバンクから金1200万円位の借入をしました。ところが再就職できないまま借入金の返済期限が過ぎてしまい、テレビなどで宣伝している某不動産会社にリースバックの相談をしましたが、提示された条件が納得できず、リーガル東京に、自宅のリースバックについて相談に来ました。
 

解決の内容

 森谷様によると、リースバックの相談をした某不動産会社の提示したリースバックの条件が「買取価格1400万円、賃料月12万円、賃貸期間3年」という内容でした。森谷様は、自宅建物は古いが土地だけでも時価1800万円するはずなので、最低でも1800万円で購入してくれる買い手を見つけてほしいこと、賃貸期間を長くしてほしいことを希望していました。そこでリーガル東京が、以下の提案をしました。 ⅰ)自宅土地建物を1800万円から1年分の賃料(162万円)を差し引きした金額(1638万円)で購入してくれる買い手を見つける。 ⅱ)売買から1年経過したら、賃料月135,000円、再契約ができる期間5年の定期賃貸借とする。 森谷様は1年以内に就職する予定でしたし、売買剰余金で生活費も捻出できると言って、喜んで上記提案を受け容れました。リーガル東京で買主を見つけて、売買するに当たり、抵当権者のノンバンクの抵当債務の減額交渉をリーガル東京が行い、支払債務額を100万円近く減額できたことも、森谷様に喜ばれました。
 
ninnbaii20.PNG

 

 

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

マスコミ取材実績

side_button_03.jpg

住宅ローンの返済・滞納Q&A

Contents menu

相談から解決までの流れ

Access Map

アクセスページはこちら

住宅ローン滞納・任意売却のご相談

弁護士法人リーガル東京池袋法律事務所

弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談

相続問題 遺産分割に関するご相談

弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談

相続税申告相続税対策に関するご相談

リーガル東京オーナーズクラブのご案内

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.