母親所有の敷地と自宅を借金整理のためにリースバックした事例 | 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室|弁護士法人リーガル東京

リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

解決事例 母親所有の敷地と自宅を借金整理のためにリースバックした事例

ご相談者様の属性

千葉県在住 池内様親子(仮名) 50代男性 会社員 70代母親 無職
 

(ご相談内容)

池内様は、会社員ですが、母親名義の土地に3000万円位かけて注文建築の住宅を建てました。ところが、その後、勤務先が倒産して転職を余儀なくされ、収入が大幅に減少してしまいました。
そのため池内様は、不足の生活費や子供の教育費を捻出するため、カードローン等の負債を増やしてしまいました。
池内様は、地元の弁護士に相談し、住宅資金特別条項付個人再生手続を利用しようと考えましたが、収入などの点で問題あることが分かり、断念しました。
池内様は、相談していた弁護士から、リースバックというものを提案してくれる東京の弁護士がいることを教えてもらい、弁護士法人リーガル東京まで相談に来ました。
 

(解決の内容)

池内様は、負債総額現在の年収や大学生の子供に教育費がかかることなどから、住宅資金特別条項付個人再生の利用は難しいと思われました。
池内様は、自宅を売却して年老いた母親に引越をさせるのは忍びないと考え、母親も先祖代々住み慣れた自宅からの引越を希望していませんでした。
母親は、自宅敷地を所有していましたが、引越をしなくて済むなら仕方ないと、売却に賛成しました。
弁護士法人リーガル東京は、池内様の希望条件に合致する不動産会社を紹介し、池内様は以下の条件で、セールス&リースバック契約をしました。
自宅建物を代金1500万円で売却。売却したマンションを賃料10万円、期間8年の賃貸借契約をして池内様家族が居住を続ける。
なお池内様は、自宅を売却しても、1000万円近い負債が残るため、自己破産を予定しています。
 

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

マスコミ取材実績

side_button_03.jpg

住宅ローンの返済・滞納Q&A

Contents menu

相談から解決までの流れ

Access Map

アクセスページはこちら

住宅ローン滞納・任意売却のご相談

ImgLS40001.jpg

弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談

相続問題 遺産分割に関するご相談

弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談

相続税申告相続税対策に関するご相談

リーガル東京オーナーズクラブのご案内

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.