競売になった土地建物を身内に買戻し条件で落札してもらい解決した例 | 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室|弁護士法人リーガル東京

リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

解決事例① 競売になった土地建物を身内に買戻し条件で落札してもらい解決した例

・千葉県在住 ・会社員 ・長島様(仮名・50代男性)

ご相談内容

長島様は、以前個人事業をしていて、その当時、地元信用金庫から自宅土地建物を担保に、1500万円位借りていました。 個人事業を廃業して、会社勤めを始めましたが、個人事業をしていた当時の借金が1000万円近く残っていたため金融機関に自宅土地建物を抵当権実行による競売にされてしまいました。 そこで長島様は、親子間売買により競売取下と債務整理をしようと考え、弁護士法人リーガル東京に相談にきました。

 

 

解決の内容

長島様の希望により、親子間売買に融資してくれる銀行に相談しました。 自宅土地建物の最低落札価格が500万円未満だったので、融資可能金額の500万円で任意売却に応じてもらうよう、 小林弁護士が交渉しました。 しかし信用金庫がこれに応じてくれなかったので、自己資金がなかった長島様は、親子間売買を断念しました。 その後、長島様の親戚が代わりに購入してもよいと申し入れてきたので、入札期日が迫ったことから、小林弁護士は特定調停を申し立てて、 信用金庫側と交渉しました。信用金庫側に700万円近い購入金額を提示しましたが、もっと高い代金額でないと駄目だとして、応じてもらえませんでした。 そこで、小林弁護士が競売手続代行をして、競売にて自宅土地建物を親戚名義で落札することができました。
 
長島様が、別の消費者金融に長期間取引があったことから、同消費者金融から150万円位の過払い金を小林弁護士が回収し、弁護士費用や競売保証金等の手続費用に充てられました。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg
Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.