競売になった共同住宅を買戻条件付で任意売却した解決事例 | 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室|弁護士法人リーガル東京

リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

競売になった共同住宅を買戻条件付で任意売却した例

神奈川県在住 米川様(仮名)70代女性 自営業

ご相談内容

 米川様は、アパート経営をしていましたが、高齢になり心身が弱ったため、アパートローンを滞納し、アパートローンの一括返済を求められました。
 どうしてよいか分からないまま放置していたところ、アパートと敷地について、抵当権実行の強制競売が開始されました。
 競売になってから、米川様の息子さんが事情を知り、親子間売買できないか、親子で弁護士法人リーガル東京に相談に来ました。
 
 

解決の内容

 リーガル東京では、当初親子間売買の可能性を検討しました。
 アパートローン残債務が約5000万円ありましたが、米川様の息子さんが低収入で借入れるための属性がよくなかったため、5000万円ものローンを組むことができませんでした。
 そこで一旦米川様のアパートを任意売却することを提案しました。米川様の息子さんが、買い戻しを希望していましたので、リーガル東京が、買戻し条件付でアパートを購入してくれる会社を探しました。
 代金5000万円での買戻し条件付売買で競売を止めることができ、米川様親子は、ほっとしています。息子さんは数年後に買い戻す予定で、今から計画を練っているようです。
 

 

 

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg
Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.