お客様の声 | 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室|弁護士法人リーガル東京

リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス
  • HOME
  • お客様の声

お客様の声

当事務所のお客様から多数の感謝の声・手紙をいただいております。
不動産会社や司法書士事務所・他の弁護士にご相談された方はもちろん、初めて当事務所に相談された方にも、
依頼してよかったと大変感謝されております。
当事務所に依頼された方のほとんどが笑顔になっていただけたことが、私どもの喜びでもあります。

01 千葉県 店舗経営者

koe1.gif
01 千葉県 店舗経営者
 いつもお世話になっています。近況のご報告ですが、だいぶ落ち着いてまいりました。思えば経営難で、自宅や店舗が競売になりそうな時、何人もの弁護士に相談しましたが、自己破産を進められました。私はどんどん追い詰められ、頭の隅には「死」をも意識するようになりました。
そんな時、小林先生と出会い、私の話を良く聞いて頂き、現在店舗での営業を続けることを叶えていただきました。従業員も解雇せず彼らの生活を支えることが出来ています。今、こうして家族で生活が出来るのも小林先生の御蔭です。本当にありがとうございました。
 また、緊張して訪れた御社事務所では、スタッフの皆様方に笑顔で接して頂き心が和んだこと感謝しています。
 これから、ご迷惑をおかけした債権者の方々には、がんばって返済を続けていきたいと思っています。今後とも、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。


 

02 東京都 会社経営者

koe2.gif
koe3.gif
02 東京都 会社経営者
リーガル池袋法律事務所(現:弁護士法人リーガル東京)               
小林 幸与 先生
 この度は任意売却のご依頼をお受けいただき、無事売却を完結していただきまして、有難うございました。
 振り返るに、住宅は、平成9年、1億4千万円を銀行ローン20年返済で購入したものです。
あと5年で返済完了のとき、経営している会社の不振により今回の差押え、競売といた最悪の事態となりました。
 住宅につけられた抵当権や差押がある債権者は、住宅ローン会社、滞納税金、会社債権者など、7社、別途個人ロ―ン返済不能による仮差押もあり、時間とともに日々追い込まれ期限が迫り、打開のため、友人の不動産会社や弁護士事務所数件に相談するも、債権者の数や債権額が多すぎて、解決策が見いだせない、どうにもならない状況にありました。
 親戚等から、買戻資金を調達していましたが、必要とされていた任意売却価格には達せず苦慮している中で、リーガル池袋法律事務所(現:弁護士法人リーガル東京)をネットで検索し訪問しました。入札開始日まで、2ケ月を切ってしまった時期でした。
 代表の小林先生と面談することができ、リースバックという形の任意売却を、お受けいただきました。
 小林先生自らの陣頭指揮で
①   任意売却額の設定(できるだけ買戻しができる低価格で説得できる価格)
②   債権者への交渉(小林先生が夏季休暇返上で直接交渉にあたっていただけました)
③   金融機関への買取資金の融資交渉(小林先生と金融機関との信頼関係が強み)
④   買主となる不動産会社・司法書士等の手配
全ての作業は、ほぼ1ケ月で完了し、無事決済できたことで、入札開始によるインターネット貼り出し期限前に差押を解除でき、周知の元にさらされる家族の不安も無事クリアー、住宅にそのまま住み続けることができました。
時には債権者から言い寄られる場面でも、小林先生が全面に立って、私の立場を守っていただきました。感謝の限りです。
また任意売却の手続きにおいて、通常であれば弁護士先生や不動産会社、司法書士の先生と債務者自身で探し、連携をとらなくてはならないところ、今回は小林先生のみならず、小林先生とチームを組む司法書士の先生、不動産会社も適時に
かかわっていただき、ミスのないようにと丁寧に私自身をサポートしていただきました。
彼らは、チームとして小林先生への厚い信頼関係を持ち、仕事ぶりが適切で頼もしく、終始安心してお任せすることができました。まさに経験豊富なプロ集団
(チーム)の仕事を実感しました。
債権者側の担当弁護士先生からは「まさか本案件が任意売却成立するとは思わなかった。」とのお話をいただいたように最高の仕事をしていただいたと実感しております。
 小林先生、この度は本当にありがとうございました。
これで人生の再出発のスタートラインにつくことができました。
心より感謝申し上げます。 拝


 

 

03 東京都 会社経営者

koe4.gif
03 東京都 会社経営者
 私が小林先生に初めてお会いしたのは、法律無料相談会の場でした。私は24年間経営してきた会社を、どの様にクローズしたら良いかという事をアドバイス頂いた事をお話させていただきます。
 まず売掛金の回収と債権者リスト及び金額を教えてくださいとの事でした。先生のご配慮で、お陰で債権者の数は金融関係・大手仕入先で5社となり、変な人々も来ず、電話もなく、倒産後は以前のような支払い日・給与日の心配もせず就職活動が出来ました。そして、丁度半年後に管財人の弁護士さんが決定し、私は会社と個人の破産を申し出たので、裁判所から決定通知が少し遅くなりましたが、現在は少しの不便はあるものの精神的にもすごく楽になりましたし、弁護士費用も普通では考えられない金額で、やって頂きました。このように「人並みの生活」を送れるのは、小林先生のお陰です。本当に有難うございます。本当に感謝しております。
 今後も更なるご繁栄を・・・


 

04 東京都 会社経営者

koe5.gif
koe6.gif
04 東京都 会社経営者
 花の便りも聞こえはじめた、ある日の午後、仕事の合間に、いつものようにネット検索をしていたら、「リースバック」という言葉が目に入った。何となく気になり、いろいろ調べてみました。
自宅を一度、第三者に売却するが、一定の期間を経て、又買戻す事が出来る、資金調達方法らしい。そしてその間は、家賃を支払う事により自宅に住み続けられるというのだ。
私は遡ること2年前、経営する会社の運転資金の為に、自宅不動産を担保にした事業者ローンを組み、その返済に苦労していた時期でもあったので、この「リースバック」方式は、とても有効かつ助けになると思いました。
ですが、矢張り法律的な根拠がないと不安だったので、人の紹介ネット検索等で、法律事務所を複数リストアップしました。
その最初に訪れたのが、「リーガル池袋法律事務所」(現:弁護士法人リーガル東京)でした。対応して下さったのが、小林さんという女性弁護士でした。話をしてみると、女性とは思えないほどの、即断即決の弁護士さんで、7年間のリースバックという当方の希望も受けて頂き、ほとんどの不安要因が解決しました。
とはいえ、セカンド・ピニオンも必要なので、少し時間を貰う事にして、その日は、辞しました。家に帰り、妻・息子にも話をした上で、一晩考えました。
朝起きてみたら、気分的には、自宅売却の方へ傾いていました。それと共に、小林弁護士にお願いしようかなとも。
結局、他には行かず、お願いすることになりました。
爾来2年、本当に、「リーガル池袋法律事務所」(現弁護士法人リーガル東京)に出会えてよかったと思える今日この頃です。
(J.S.生)


 

 

05 千葉県 アパート経営者

koe7.gif
05 千葉県 アパート経営者
リーガル池袋法律事務所(現:弁護士法人リーガル東京)との出会い
事務所で小林幸与弁護士と初めてご相談し月日の流れの早さを感じます。
サラリーマン時代を退職し、素人的計画で副収入的な考えから共同住宅を建設して現在19年になりましたが、初期段階から約10年を経過した頃、賃貸収入が変則的になり返済計画が不安定になりました。延滞支払いが多くなり機構担当に事情説明し続行の承認いただいて来ましたが、12月に延滞払いが半月いや数日の未払いが生じてしまいました。シビアな担当に替わり受理停止処分になり書面での通告が発信されまして直談に本社にお伺いし説明致しましたが、残債一括(返済)の変更なしとの結論でした。市の弁護士、錦糸町にある家庭裁判所内ある専門の弁護士に、又、当家建築した所属の弁護士にも相談しても、ことこの件での専門性には役に立ちませんでした。困りつめている所、息子の友人での紹介もあり約5年前になりますが、初めてリーガル池袋法律事務所(現:弁護士法人リーガル東京)にお伺いしご相談申し上げました所、小林先生が快諾して戴きました。小生の専門性の欠点を悔み、ご指導をいただき賃貸返済計画の具体策を作成していただき現在迄実施しております。弱小賃貸経営として賃貸環境の激化にあり大変ですが、収入の向上に努めて頑張っております。池袋法律事務所(現:リーガル東京)小林幸与先生との出会いがなかったら今日迄の存続もなかったことと深く感謝している次第です。


 

06 東京都 店舗経営者

koe8.gif
06 東京都 店舗経営者
 都内でサービス業を運営していますが、デジタル産業の急速化で経営が悪化し、銀行等の支払いも遅れてきました。資産としては持家があり、土地は母親名義、自分名義としては建物だけでした。
抵当権も2社ついており建物の評価額からすと抵当権を設定していない債権者が競売をすることはないだろうと思っていたら、突然やってきました「強制競売開始決定」の通知が・・・
母親は90才で娘は高2、なんとしてでも家を守りたい。家に住みつづけるにはリースバックしかない。様々な情報を集めましたが、どの答も現実離れしていて、知人あるいは親せきに借りるか、2年後に全額返済するかのどちらかでした。そんなこと現状では不可能!
そんな時、リーガル池袋法律事務所(現:弁護士法人リーガル東京)をネットで見つけ、はじめはどうせ他社と同じだろう、しかも女性の弁護士でだいじょうぶか(先生ごめんなさい)と思いながらも話だけでもと足を運んだら、なんと、なんと、自分のつまらぬ想像はもろくも砕けちりました。不動産関係に強く、リースバックの期間もはじめから7年間を提示してくれました。これだけ期間があれば何とかできると、やる気がでてきました。
即決その場で先生にお願いしました。明るく元気のよいスタッフの皆さんとともに、こちらの現状を親身になって考えてもらいました。結果は言うまでもありません。安心して任意売却を行い自分が願っていたとおりに事は進み、本当に感謝している次第です。

 

07 東京都 会社員

リーガル手紙.PNG
リーガル 手紙2.PNG
07 東京都 会社員
 
大変お世話になっております。
この度は、代表の小林先生、立石先生に私を窮地より救って頂きました事を心よりお礼申し上げます。
私は、住宅ローンを返済していく過程で支障が発生してしまい、金融機関より一括返済の要請を受ける事となってしまいました。
当然のことながら一括返済する事ができず迷走日々を過ごす事となる、遂には競合の予告まで通知をされるに至ってしまいました。
慌てて幾つもの法律事務等に相談をしましたが、自宅を手放す以外に方策はありませんでした。
その時は「もう再生する事はできない」と思い詰めた心境で、率直に申し上げると「死」を意識した時もありました。
諦めかけいた時、弁護士法人リーガル東京の存在を知り、小林先生と立石先生へ相談させて頂きました。
当初は、私自身が精神的にもかなり逼迫した状態でしたが、状況把握、そして再生に向けたスケジュール等々を解りやすくご説明して頂き、また、親身になって敏速なご対応をして頂けた事により、心の底から安心できる、内面的な支えになったのも事実です。
最終的に、自宅を手放すこと無く再生への新たな道を与えて頂き心より感謝申し上げます。
今後、ご迷惑をおかけしないよう住宅ローンを返済していきますので今後とも宜しくお願い申し上げます。
 

 

 

 

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg
Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.