リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

不動産のリースバック・任意売却の無料相談室

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

任意売却のメリット、競売のメリット

・任意売却はお金の面でお得

住宅ローンを組んで、マイホームを購入し、さあこれから楽しい生活だと思っていても、不景気なご時世ですから、いきなり会社が倒産、なんていうこともありえる話です。
そういうとき、住宅ローンが残っている場合は家を売却してでも支払いにあてなければなりません。ですが競売にかけられてしまうと、価格が市場価格よりも抑えられる傾向にあり、少しでも高く売却したいという状況に合っていません。
そんなとき、任意売却という方法があります。
銀行など債権者と、お金を借りた債務者の間に交渉の専門家に入ってもらうことにより、市場価格に近い売却額で物件を売ることができます。
またそれ以外にも金銭的なメリットがあります。たとえば不動産業者への仲介手数料です。これは売買代金から支払われます。マンションの場合、滞納していた管理費なども同様に売買代金から支払ってもらえますし、住宅に税金滞納処分の差押さえがある時はこれら税金固定資産税や住民税を支払ってもらうこともできます。
もちろんその分、抵当債権者などへの交渉に非常に手間がかかりますが、任意売却を専門とした業者に交渉をかわってもらうといいでしょう。任意売却だけでなく、債務整理に実績がある弁護士がいるなど、宣伝文句だけでない内容で業者を探すといいです。

・任意売却の場合、売却後、新しい家の持ち主との交渉もできる

急に給料が減ってしまった、急にボーナスがなくなってしまった、そして急病や、事故など、いろいろな原因で急にお金が払えなくなり、住宅ローンの滞納が重なり、裁判所によって競売にかけられて、ということになる場合があります。日本は、経済的に良くなってきたとはいえ一般人はまだまだ実感できませんから、現実としてありえます。
そうしたときは、競売にかけられる前に、任意売却という手段をとっておくといいでしょう。
競売にかけられてしまうと、競売物件のリストにのせるための業者が調査に来たり、またそうしたリストは一般人でも手に入りますから、近所の人や会社の同僚など、いろいろな人に事情が知られてしまい、離れた場所へ引っ越さざるを得なくなる、といったこともありますが、任意売却なら通常の売却にしか見えませんから、単なる引っ越しに見えるでしょう。
また新しい家主になった人との交渉次第では、あと数ヶ月で子どもが学校を卒業するから、などの事情を聞いてもらう交渉をする余地があるという点も良いところです。家主が、すぐに住むつもりではないという場合などは、一定の家賃を支払うことで続けて一定期間住まわせてもらうなど、物件を売却した後はすぐ引っ越ししなければならない、と決まっているわけでなく、いろいろな点で自由に交渉できます。

・競売のメリット

せっかくのマイホームでも、住宅ローンが払えなくなれば、手放さざるをえません。
そういうとき、任意売却という方法はあります。自分でやるか、業者に頼んで、できるだけ市場価格に近い額で物件の売却を目指す方法です。
しかし任意売却は、銀行などの抵当債権者、家の購入希望者、連帯保証人など、いろいろな人との交渉が必要です。そのために任意売却専門の業者に頼んだとしても、必ずうまくいくわけではなく、これからの新生活を考えつつ、いろいろな交渉をしていかなければならないということがあります。
その点、競売を選ぶと、そうしたことを別になにもしなくてもいいというメリットはあります。銀行やなんやかんやという指示をすべて無視していれば、競売が進み、終わり、新しいオーナーがやってくるわけです。その間、新生活に向けて仕事をして、借金返済のためにお金を用意しておけばいいという考え方です。
また、競売が終わるまでには、少なくとも半年、長ければ一年近くかかるということもあり、その間はずっと家に住み続けられるというメリットもあります。
他に、自己破産をするということなら、競売が終わるのを待って、自己破産をすれば、ゼロからのスタートができます。破産免責を受けて今後、がんばって再生していけばいいでしょう。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.