リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

不動産のリースバック・任意売却の無料相談室

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

任意売却が成立しやすい状況

任意売却を成立させるためには、まず売却の承諾を債権者より得なければなりません。ローンの返済を滞らせている身分で自分の要求を通すためには、切迫した訴えではなく、それまでの返済に対する態度が重要になってきます。
任意売却への行動は、早ければ早いほど成立しやすくなります。住宅ローンの返済を果たすのに家を手放さなければしょうがないとわかった時は、すぐそれに向かって動き出すのがいいでしょう。他に何かないかと考えてしまう気持ちは当然あるでしょうが、最後の切り札にも切っておかなくてはならないタイミングがあります。それを超えてしまえば、切り札の役目を果たすことのないままに使用することができなくなります。

タイムリミットは、競売開札の前日までです。それまでに任意売却で代金決済し、競売取下できると、家はそのまま競売にかけられ売られます。任意売却をするにも、専門家に相談したり債権者の承諾をとったり、購入者を見つけるため行動をしたりと色々な行程がありますから、余裕を持って取り組むためにスタートはとにかく早ければ早いほどいいのです。

売却をスムーズに成立させている人のほとんどは、債権者から競売の打診がある前に自分から売却の手続きをし始めています。家を買ってくれる人を見つけて、交渉を行って、できるだけローンの完済や引越し資金の捻出など自分に都合のいい条件で取引を終えるためには、賢く時間を使っていくことが肝心です。早めに動き出すということは、誰でもできる売却のコツです。

物件としての価値が高いと、任意売却は成立しやすくなります。ローンの返済に十分な価格をつけて売り出しても、いい家ならば直ぐに買い手が現れます。逆に魅力のない物件では、できるだけ金額を下げてでも、売り手を探していかなくてはなりません。物件に価値がないと、任意売却とはいえ競売に出すのと変わらない結果となってしまうこともあります。物件の価値を決めるのは、土地の広さや形状、建物の設備や築年数などです。いい土地に建つ新しい家ほど、物件としての魅力は高いです。

それほど新しくなくても、家の中が新築同様に綺麗ならば問題ありません。築年数も大事ですが、見かけの美しさというのも大事です。購入者は前住人の、生活の痕跡を嫌うことが多いです。

任意売却の物件を、よく見ずに購入する買い手はいません。後から問題があっても売り手に修理費を請求することができないので、何一つ問題を見逃さないようにと厳しいチェックをします。設備に不良があったり、傷や破損がある家はマイナスポイントを持つことになります。

設備の修理やハウスクリーニングを依頼するところまでは難しいかもしれませんが、買い手候補者が見学に訪れるという時には、せめて家の中の整理ぐらいはしておくと、取引は成立しやすくなるでしょう。家の見かけを整えることも、売却における重要なポイントです。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.