リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

不動産のリースバック・任意売却の無料相談室

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

任意売却のポイント

債務超過や住宅ローンの滞納で住んでいた物件を手放さなければならなくなった場合、一つの選択肢として浮かぶのは任意売却という言葉です。これは競売などとは違い、自ら交渉して市場で物件を売り渡す事が出来る方法ですが、成功させるにはいくつかのポイントがあります。まず重要なのが売却までの期間です。通常に家を売るケースと違い、債務超過で手放す際にはほとんどが時間的に切迫している状態です。

そんな中では債権者が時間のかかる任意売却を認めない場合も多く、比較的早く物件を返済に当てられる競売などを求められるケースがあります。第一のポイントはそもそも債権者に認めてもらうところからスタートしなければなりません。次に重要なのが手続きの負担を考慮することです。購入希望者と直接交渉が出来るのは任意売却の大きなメリットですが、折り合わない場合には何人もの購入希望者の対応をしなければなりません。

しかし、物件など高価な買い物では、いかに購入を希望していたとはいえ、簡単に成約するものではありません。時間的余裕がなければ専門業者に委託するなどの対処が必要になってきます。
このように注意するべきポイントは多いですが、競売などよりも高い値段で交渉できるケースが多いので、時間的な余裕があるならばぜひ選択肢に入れたい方法です。

事業の倒産などによる自己破産や住宅ローンの滞納で住んでいた家や財産を手放さなければならない事があります。そうした場合には一般的に競売をイメージされるでしょうが、ケースによっては市場で物件を売りに出せる任意売却といった方法を選択できます。交渉次第では市場価格に近い形で物件を売却できるので、競売に比べ多くのメリットがあります。ここではその中からいくつかのポイントをご紹介します。

まず大きなポイントとして、自己資金を残せる可能性があることです。競売の場合はその全てを残りのローン返済などに当てることになりますが、任意売却の場合では交渉や市場価格の上下により自分に有利な形での売却が可能です。

さらに重要なポイントとしては秘密裏に物件を手放すことが出来るという点です。競売の場合にはその性質上不特定多数の方々が閲覧可能な場所で公示がなされます。そうなると近隣の方や場合によっては身内や友人など多くの方に競売の事実が知れ渡ることになります。しかし、任意売却ではあくまで個人と個人の取引なので、不動産関係者を介した極めて非公開的なやり取りで売買を完結させる事ができます。

このように競売にはないメリットが多数存在しますが、債権者などの都合によっては行えないこともあるので注意が必要です。
失業や事業の倒産により、住宅ローンが払えなくなってしまう場合があります。そうした場合には競売などで今住んでいる物件を手放す必要がありますが、競売以外の方法も少なからず存在します。その一つとして非常にメリットの多い方法が任意売却と呼ばれるものです。文字通り任意の交渉で売却を行うもので、競売などとは違い実際の不動産市場で物件を売りに出すことが出来ます。

この手法のポイントとしては、やや特殊な手法ですが合法的に同じ物件に住み続けるということも出来る点です。例えば親や兄弟など身内と交渉を行い、取引を行うという形式にすれば所有権は移りますが、その後も物件に住み続ける事が出来ます。こうした場合には後々のトラブルとならないよう、オーナーや債権者にその旨を伝えた方がいいですが、手法としては合法的なものです。

また借金を残さずに物件を手放すことが出来るのも重要なポイントです。競売は早く物件を売却できるという時間的なメリットはありますが、実際の市場価格よりもかなり安値で買い叩かれる場合があるので、手放した後も借金だけが残ることも珍しいことではありません。しかし、任意売却では交渉次第では借金の返済と再スタートのための自己資金も確保することが出来ます。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.