リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

任意売却以外の破産方法

自己破産とはたくさんの借金などによって、経済的破綻をし、持っている資産だけでは全ての債権者に対して弁済する事が不可能になった場合、最低限の生活に必要なもの以外の財産を換価し、債権者全員に債権額に応じて公平に弁済する事を目的とした手続きの事を言います。
この自己破産の申し立てというのは債権者側からも可能ですが、債務者が自分で申し立てる破産の事を自己破産と言います。

任意売却と違い、この自己破産をしてしまいますと、この事が近所などに知られるのではないかと不安になる人も多いのですが、そのような事はまずありません。破産の手続きが始まっても戸籍や住民票などに記載される事はありまえん。なので、子どもの就職や結婚などに影響する事もありません。
ですが、破産した人の本籍地の自治体の破産者名簿には載ってしまいますが、これを第三者が勝手に閲覧する事は出来ません。それに、免責決定されると破産者名簿から抹消されてしまいます。

また、官報に破産手続き開始後に掲載されるのですが、一般の方が官報を閲覧する事はまずあり得ないですし、裁判所から会社へ連絡が入るような事も一切ありませんので安心です。

2. 自己破産してしまいますと、いわゆるブラックとして信用情報機関に登録されてしまうのは事実です。この登録されている期間は多少の違いがあるものの、5年から10年だと言われています。
このブラックリストに載ってしまいますと、その間は銀行やサラ金などからお金を借りたり、クレジットカード会社からカードを発行して貰えなくなります。

ですが、銀行や郵便局に預金するとか、公共料金の引き落としが出来なくなる事はありませんので安心です。
自己破産は任意売却とは違って、最終手段ですので、必要な生活用品以外は原則として強制的に債権者に換価されてしまいます。ですので、マイホームは当然手放す必要があります。

具体的な方法としては破産管財人によって売却されるか、競売にかけられるのですが、すぐに家を出ていかなければならないわけではなく、新しい買主が現れるまではそれまで通り自分の家に住み続ける事が可能となっています。

現実的には破産の申し立てをしてから不動産が売却されるまで半年以上もかかる場合ああります。ですので、その間は自分の家に住んでいられるわけです。自己破産するとすぐに出ていかなければならないと思っている人が意外に多いのが現実ですが、実際にはそんな事がないというのはあまり知られていないでしょう。

3.自己破産というのは当然清算手続きですので、任意売却とは違い、お金に換えられるものであれば全て強制的に処分されてしまいます。
とは言っても、債務者も最低限の生活が保証されているので、生活していく上での最低限の家財道具などは差し押さえ禁止の財産に当たるので取り上げられません。

次に、破産手続き開始決定と免責の決定は別ものです。

よく一般的に自己破産の申し立てをして破産の手続きの開始決定を受けたら借金が全てなくなってしまうと思っている人が多いようです。ですが、実際には免責の決定を受けてこそ初めて借金の支払いで強制されなくなるのです。なので、任意売却と違って自己破産をする最終的な目的はこの免責決定を得る事だと言ってもいいでしょう。
自己破産が終了するまでの時間についてですが、申し立てから免責決定までの期間は裁判所やそれぞれの事情によって変わってきますが、大体半年程度だと思っておいていいでしょう。

しかし、東京地方裁判所において弁護士が代理人になって申し立てる個人の自己破産については、即日面接が行われていて、即日面接を利用した場合は、全ての手続きが終わるのに同時破産手続だと3か月程度で済むので、とても迅速に手続が済むと言ってもいいでしょう。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.