リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス


任意売却とリースバックの特徴は


住宅ローンの返済が自力では難しくなり、3か月滞納すると住宅は差し押さえされ競売にかけらてしまいます。


競売にかけられると市場価格より大幅に低い価格で処分されてしまいますが、そんな競売を回避するために任意売却がよく選ばれています。任意売却なら競売より高い価格で売却できることが多いですが、家族で住んでいたマイホームからは引っ越ししないといけないです。


子供がせっかく学校に慣れたばかりなのに学校区を変えたくないなど何らかの理由で引っ越ししたくない場合はリースバックという方法があります。リースバックは任意売却を発展させた形になっています。


第三者に住宅を買い取りしてもらい、その買い手から住宅を借りることで、引っ越しせずにそのまま住み続けることが可能です。


買い取りしてもらえる知人や親戚が見つからなくても、リースバックなら投資家や投資会社が買い手になってくれるのでご利用が可能です。いったん住宅は売却するわけですからご本人から買い手へ所有権は移ります。


しかし今は余裕が無くても将来余裕が出来たときに、借りて住んでいる住宅を買戻しし、ご本人に所有権を移すことが可能です。


その代わりに買い手であり貸し手でもある相手に賃料をお支払いするだけの安定収入が必要です。


住宅ローンの競売を回避しながら、そのまま住み続けられるリースバックは引っ越ししたくない場合は何かとメリットが大きいです。


任意売却で住宅ローンの残債が減っても、毎月賃料をお支払いしていたのでは意味がないのではと思われる方は多いと思います。


しかし今まで通り住宅ローンを返済していくより、毎月の賃料のほうが低くなることが多いです。


給与カットやボーナスカットなどで収入が減ったことが原因で住宅ローンの返済が困難になってしまった場合でも、賃料ならお支払いを継続できる可能性が高まります。


逆に言うと任意売却後のリースバックは毎月の住宅ローンの返済額と、毎月の賃料が変わらないのでは意味が無くなってしまいます。


賃料はその地域の相場や立地、物件の状態などで決まりますので、よく話し合って賃料を決めてもらうようにすると良いです。


リースバックでは賃貸契約を結ぶ際に、買戻し特約の契約も結んでおくと将来買い戻せる状態まで収入が戻った時にご本人のマイホームとして取り戻せます。


しかしその地域の一戸建ての賃料相場ではやっていけそうもないと言う場合は、任意売却で自宅を処分した後に安い賃料のアパートなどに家族と一緒に引っ越しするしかないです。


任意売却後のリースバックは第三者に買ってもらい、その買い手から賃貸契約を結びますが、ごく身近な子供に買い手になってもらう方法もあります。


親子間売買と言いますが子供が買い手となり、その親が借り手となって住宅に住み続ける方法です。


任意売却後のリースバックでよく知らない第三者に売却するより、自分の子供に売却したほうが安心感があるのが親子間売買の良いところです。


その代わりに買い手となる子供は新たに住宅ローンを組まないといけないです。


子供に収入的に余裕がないと住宅ローンを組めないので親子間売買をご利用することが出来ないです。


さらに親子間売買の目的では、住宅ローンをご利用できない金融機関が多いです。


それは融資したお金を違う目的に利用される恐れがあるためです。


しかし少ないながらも親子間売買の目的でも住宅ローンをご利用できる金融機関があるので大丈夫です。


引っ越ししたくない場合はまずは親子間売買で子供に余裕があれば協力してもらう、子供が居ないまたは子供に余裕が無い場合はリースバックで第三者に買い手になってもらうと良いです。


数年後なら子供に余裕が出来るという場合は、いったん第三者に買ってもらい、余裕が出来てから買い戻すことも可能です。


任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!




解決事例


相談員(弁護士)のご紹介


アクセス


手続き費用


お客様の声


よくある質問

banner_contact.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.