リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

不動産のリースバック・任意売却の無料相談室

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

任意売却が出来ない場合

任意売却は債権者の承諾なくして行えません。債権者が任意売却ではなく競売で決着をつけたいといえば、債務者に抗う術はありません。
住宅ローンを滞納して、返済ができなくなっている人の家の所有権というものは、少々複雑です。一度購入してローンを支払っている現状がある以上、家は買った人のものになりますが、まだ完済を終えたわけではないので住宅購入資金を貸した債権者にも、物件の扱いを決める権利はあります。
任意売却は競売よりも物件が高く売れやすく、回収できる金額も多くなるので、通常であれば債権者はどうしてもと競売を推し進めたりましません。しかしあまりにも返済状況が悪かったり、対応が遅かったりすれば、金額が足りなくても回収できるだけのお金を早々に確保するために、積極的に競売を行おうとすることにもつながります。
任意売却を滞りなくするためには、日ごろから返済に真摯に取り組んで、債権者の心証を良くしておくことが重要です。それから競売についての案内が来たら、すぐさま行動をすることです。一度競売の申請が成ってしまえば、もうそれを覆すことはできなくなります。
任意売却をするためには、家の権利は最低限債務者のもとになければなりません。
例えば住宅ローンの未納のみならず、固定資産税をも滞納していて家が差し押さえられてしまっているという場合には、一度税金を納めて差し押さえを解除してもらえなければ、任意売却を行うことができません。差し押さえられているときには、家の所有権は完全に自分のものではなく、勝手に売ることは不可能となります。税理士などを間に挟んでも、滞納した支払いを何とかしない限りには交渉は難しいです。
物件がマンションであった場合には、マンションの管理費の滞納も任意売却を阻みます。管理費は物件を所有している以上支払いの義務があり、過去五年まで遡って金額を請求されます。払わなければならないものを踏み倒して、物件だけ売ってマンションを立ち去るということができないのは道理でしょう。
自分に家を売る権利がなくなってしまう前に、所有者の権利が行使できるうちに決断をしてしまうこと、それからいざという時に物件を売れるように、住宅ローン以外の支払いにも真面目に取り組んでおくこと。それらがの条件が満たされなければ、最後の切り札と任意で物件を売却することすらもできなくなってしまうので注意です。
任意売却は物件を売って、そこで手に入れたお金を使ってローンの返済をする手段です。任意売却という行為自体には借金の返済能力がなく、売却した物件に買い手がついて初めてお金を返すことができます。任意売却は買い手あっての方法で、買ってくれる人が存在しなければ目的を果たせないので注意です。売却手続きをしたからそれで一安心とはなりません。
また買い手として名乗りがあった場合でも、競売を利用するよりも金額の回収が多く見込める所がこの方法の利点ですから、競売と同じくらいの低い金額の価値しか見出してもらえないのでは意味がありません。何もしなくても勝手に、結果的には家を売ってもらうことができる競売に対して、不動産業者などを使用して行う方法が、僅かも金額的なメリットを得られないのならむしろマイナス点の方が大きくなってしまいます。
古かったり欠陥が多かったりしてそもそも物件に価値がなければ、魅力的な買い手が現れず、意味のある売却ができないのだということはあらかじめ理解しておかなければなりません。債権者の承諾が得られて、全てが滞りなく進んでも、自分の希望する金額で物件を購入してくれる人が出てこないうちは油断がなりません。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.