リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

不動産のリースバック・任意売却の無料相談室

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

住宅ローンが払えない・滞納してしまった人へ

経済的な事情により、住宅ローンを払えなくなると最悪の場合では住んでいる家を手放さなければなりません。実際今現在滞納などされている方は金融機関から連絡や警告などを受けられているかもしれません。そしてそれが深刻化すると物件の処分ということになります。その際には裁判所での競売などが考えられますが、金融機関との話し合いによっては任意売却と呼ばれる手法で物件を売りに出せる可能性があります。

物件を売りに出すという行為は、もちろん物件に対しての権利を有している必要があります。しかし、住宅ローンの場合は銀行などの金融機関によって抵当権が設定されていることが普通です。この抵当権がある内は物件を勝手に売りに出すことは出来ないのですが、先に挙げたように金融機関の同意があればローンを完済する前でも市場で物件を売りに出すことが出来ます。

その方法が任意売却と呼ばれるもので、ほとんどの場合では競売よりもかなり高い値段で物件を売ることが出来ます。この任意売却は競売よりも長期的な計画で物件を処分していくため、ローン滞納などとなれば、もしかして金融機関との調整はむずかしいかもしれません。しかし、交渉次第では当事者にとっても金融機関にとっても大きなメリットがある方法なので、万が一の時にはぜひ一度交渉に挑んで下さい。

住宅ローンは審査時の収入を継続的に将来も手に入れているという事が前提で組まれるため、失業や転職などにより負担に耐えられなくなるケースがあります。最近では大手企業でもリストラや倒産などと言ったことも起こりうるので、そうしたケースは後を断ちません。

そうした住宅ローンの滞納や払えないといった場合には、金融機関から物件を差し押さえられる場合があります。その際には基本的には裁判所を介しての競売にかけられますが、場合によっては任意売却と呼ばれる方法で処分を行うことがあります。この任意売却とは競売など閉じられた世界での短期的な処分ではなく、基本的には通常の市場取引と同じ方法で物件を売りに出すことが出来ます。
もちろん住宅ローンを組んだ物件では、抵当権が設定されているので債権者の同意が必須です。しかし、手法として抵当権が残ったままでも市場売買が可能な点は非常にメリットが多く、自己破産や競売前の最後の手段として用いられます。

競売では市場価格の何割も割り引いた価格で売りに出されてしまうのに対し、任意売却では時間的な制限以外は公平な立場で市場取引が出来るので、その時の市場状況によってはローンや借金の返済だけではなく、再出発の自己資金まで残せる可能性がある非常にありがたい手法なのです。

大手企業や公務員は住宅ローンを組む際には非常に優遇されますが、全ての方が完済出来るという訳ではありません。実際には倒産やリストラなどのリスクもありますし、事故や病気など思いがけない負担で住宅ローンが支払えないといった状況も十分考えられます。そうした住宅ローンの滞納の際には、物件を泣く泣く手放される方も多くいらっしゃいます。そうした場合、裁判所での競売が行われるのが一般的です。

一時期は素人の方が投機目的で競売物件を購入したり、競売物件の専有問題がニュースになったり、比較的耳馴染みのある言葉ですが、任意売却という言葉はあまり聞いたことは少ないのではないでしょうか。

この手法も住宅ローンの滞納時には、競売と同じく物件を売りに出す方法として存在するものです。しかし、あまり浸透していないのはそのハードルの高さにあります。一般的に住宅ローンで購入した不動産には金融機関によって抵当権が付けられています。そのため住宅ローン滞納時には抵当権を根拠に金融機関は不動産を競売にかけます。

しかし、任意売却とは住人が自分で市場に物件を売りに出すことです。当然住宅ローン完済前には抵当権がかかっているので、このような自由売買は行えないのですが、金融機関からの同意を得た場合によってのみ任意売却という形で売りに出すことが出来るです。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.