リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

不動産のリースバック・任意売却の無料相談室

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

任意売却後に自宅に住み続ける方法とは?

1.任意売却はしたいが、自宅を残したいという気持がある人は多いでしょう。
ですが、現実問題として、そういう方法はありますが簡単にいくものではありません。
それに無理矢理自宅を残したとしても、その後の生活が前よりさらに苦しくなってしまっては、任意売却した意味さえも無くなってしまいます。

この法律が定められる前までは、債権回収者というのは債権者本人または代理人である弁護士に決められていましたが、不良債権が膨大でその処理に対応するために、民間会社であっても債権回収が出来る様になりました。
現在では100を超えるサービサーがあると言われています。

任意売却した後に自宅に住み続けるための方法ですが、友人や親せきに自宅を買い取ってもらう方法があります。その後、所有権が移転した元の自分の家を賃貸契約を結んで家賃を支払って住ませてもらうのです。
次の方法は不動産会社もしくは投資家の人に間に入ってもらう方法です。

最初に述べた方法と同じく、間に入って買ってくれた人と賃貸契約を結び、家賃を払って住ませてもらいます。ですが、この方法に関しては、投資として営利目的で協力してもらうわけですので、この間に入った人の利益分は加算されるので、最初に述べた方法より割高な家賃となります。
2.もし、任意売却で自分のマイホームを手放す事になったとしても、親戚や友人などに協力してもらって、その家に住み続ける事が可能です。
実際にどうすればいいかですが、親戚や知り合いに自宅を買い取ってもらって、その人と賃貸契約を結び、家を借りて住まわせてもらうのです。
ですが、そう簡単にいくかどうかは分かりません。それだけのお金を用意出来る人が身近にいるかどうかが大きな問題になってきます。
競売任意売却の場合、うまくいけば相場の半分程度の価格で購入出来るかもしれませんが、他の入札者がさらに上の金額を提示すれば、予定していた価格よりさらに値段が上がってしまうので、最終的に売るより高い価格で買ってしまう場合もあります。うまくいけば、ですが・・・。
なので、競売よりさらに確実な方法として、売ってしまい、親戚や友人に買ってもらい、その後その人と賃貸契約を結んで住む方法です。
この場合は競売より価格が高くなってしまう可能性があるので、金銭的に余裕がある人に協力して貰う事が必要です。

さらに、住宅の売買を親戚同士で行う場合は、住宅ローンを組む事は不可能です。
なので、一括払いで買ってもらう必要があります。
毎月の家賃設定ですが、年間の利回りが8パーセントから10パーセントになるように交渉する必要があります。
不動産を購入した側にとってもお金を銀行に預けているよりずっと高い金利で住宅を貸す事が出来るというメリットがあるので、どちらにもメリットがあるというわけですね。

3.もし、任意売却した後も自宅に住み続けたいと思った場合は、投資家の協力を得られればそれが可能になる事があるのをご存しでしょうか。

まず最初に競売になる事態避けるため、自宅の名義を変更する必要があります。
任意売却する事で投資家名義に変更し、その後その投資家の人に家賃を払って住み続けます。
これをリースバックと言い、手続きをちゃんと行っていれば、数年後にまた自宅を買い戻す事ができます。
債権者などの同意を得るのに交渉する必要がありますが、そういった交渉はプロの弁護士などが行ってくれます。
このような方法を取れば、近所や親戚などに全く知られる事なくそのまま自分の自宅に住み続ける事が出来るのです。

また、親子間や兄弟の間、親戚間などでも不動産売買は可能です。ですが、100パーセント可能だというわけではありまえん。
債権者との交渉が必要になってくるのですが、それに費用がかかってしまっても自宅をどうしても手放したくないという人にとってはお勧めできる方法です。
いかがだったでしょうか。以上が任意売却した後に自宅に住み続ける方法でした。
もし、万が一そのような状況に陥ってしまった際には、以上の事を参考になさってみて下さいね。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.