リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

任意売却の手法と抵当権抹消請求について

抵当権とは、簡単に言えば家の持ち主に対し、家を買うためのお金を貸し、持ち主がお金を返せない場合に家を競売にかけることができる権利といえます。他の債権者に先立って自己の債権の弁済を受けることができます。

基本的に、不動産の売却は売却時に残債全額を返済した状態で行われます。これは抵当権の設定がされていることが理由です。現実的に考えると、売却代金が残債額より少ない場合、手持ち資金から不足しているお金を出さなければ不動産を売ることは困難です。しかし、家をもっていることが生活に困っている理由となっている場合には、住宅ローンの支払い等で債務超過の状態になってしまった不動産を任意売却という方法で売却することができます。

任意売却の手法には単純売却は買収などの手法があります。それぞれ長所と短所がありますが債権者の同意が必要です。例えば単純売却では家の価格が競売の約1.5倍といった比較的高めの価格となる可能性がありますが、売却までの時間が長くなりがちといった欠点があります。また、買収では不動産会社などが主な取引相手となり、家の状態が悪くても売却することができ、売却にかかる期間は最短になりますが、売却価格が低くなりがちであり、債権者の同意を得にくいという短所があります。 
 抵当権消滅請求はいわば、強制的に抵当権を抹消させることで不動産の有効利用を図るための制度です。債権者の売却の同意が得にくい場合の最終手段ですが、債権者は対抗措置として競売の手続きを進めることが多く、あまり用いられない方法といえます。
抵当権とは、簡単に言えば家の持ち主に対し、家を買うためのお金を貸し、持ち主がお金を返せない場合に、他の債権者に先立って自己の債権の弁済を受けるため、家を競売にかけることができる権利といえます。

抵当権消滅請求では、抵当権の設定後に抵当不動産の所有権を取得した第三者が競売による差押えの効力発生前に抵当権の消滅を請求できます。任意売却で債権者の同意が得られない場合に行われます。

通常、売却時に残債全額を返済した状態で行われます。しかし、現実的には売却代金が残債額より少ない場合、手
持ち資金から不足しているお金を出さなければ不動産を売ることは困難です。とはいえ、家の所有が生活に困っている理由となっている場合には、家の持ち主の救済の観点から、住宅ローンの支払い等で債務超過の状態になってしまった不動産を任意売却という方法で売却することができます。

任意売却の手法には単純売却や買収などの手法がありますが債権者の同意が必要です。例えば単純売却では家の価格が競売の約1.5倍といった比較的高めの価格となる可能性があり、債権者の同意を得やすいとえいますが、売却までの時間が長くなりがちです。また、買収では家の状態が悪くても売却でき、売却にかかる期間は短くなりますが、価格が低くなりがちで、債権者の同意が得にくいといわれます。 

抵当権消滅請求はいわば、強制的に抵当権を抹消させて不動産の有効利用を図るための制度です。対抗措置として債権者は競売の手続きを進めることができ、あまり用いられていない方法といえます。
抵当権とは、抵当権者が家の持ち主に家を買うためのお金を貸し、持ち主がお金を返せない場合に、他の債権者より先だち自己の債権弁済を受けるため、家を競売にかけることができる権利といえます。
抵当権消滅請求は、抵当権設定後、抵当不動産の所有権を取得した第三者が競売による差押え効力の発生前に抵当権消滅請求ができる制度です。任意売却で債権者の同意が困難な場合に行われます。
任意売却には単純売却や買収などの手法がありますが、債権者の同意を必要とします。単純売却では家の価格が競売の約1.5倍といった割と高めの価格が期待でき、債権者の同意が比較的得やすい手法ですが、売却までの期間が長くなりがちです。また、買収では家の状態に関わらず売却でき、期間は短くなりますが、価格が低くなりがちなため債権者の同意が得にくいといわれます。

売却は、通常、残債全額を返済した状態で行われます。しかし、家の所有が生活苦の原因である場合には、家主の保護の観点から、住宅ローンの支払い等で債務超過の状態になってしまった不動産を任意売却という方法で売却することができます。売却代金が残債額より少ない場合には、現実的には、手持ち資金から不足しているお金を出さなければ不動産を売ることは困難だからです。

抵当権消滅請求は不動産の有効利用を図るため強制的に抵当権を抹消させる制度です。いわば最終手段であるとえいますが、一般にはあまり用いられない方法といえます。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.