リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

不動産のリースバック・任意売却の無料相談室

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

任意売却の手法の買取について

住宅ローンの支払いで懸命にやりくりしているのに借りたお金を返済できず困っている場合には、任意売却を検討するのも一つといえます。家をもっていることが生活に困っている理由であれば、債務超過状態となった不動産を売却することができます。

任意売却は住宅ローンの支払いが出来ないときに不動産を売却することです。もともと、不動産の売却は売却時に残債全額を返済した状態で行われます。これは抵当権の設定がされていることが理由です。しかし、売却代金が残債額より少ない場合には、現実的に考えても、手持ち資金から不足しているお金を出さなければ不動産を売ることは困難です。

買収はこのような一般的な不動産売却と異なり、家をもっていることが理由で生活に困難を抱えてしまった場合に、借入残高よりも売却価格が少なくても不動産を売却することができる制度で、任意売却の一種です。

また、買収は単純売却に近い売却形態ですが、単純売却が一般の消費者を前提とする売却であるのに対して、買取は不動産会社を直接の買取の相手としています。家をもっているために住宅ローンの支払いなどで生活に困難が生じてしまった場合には、不動産を売却するのも一つの解決策であるといえます。
買収は任意売却の一種で、単純売却と近い不動産の売却方法です。任意売却は住宅ローンの支払いや銀行からの住宅に関する借り入れなどで債務超過の状態になってしまった不動産を売却するケースが多いです。家をもっていることが理由で生活に困難が生じてしまった場合に不動産を売却するための方法ということができます。

通常は、不動産売却は売却時に残債全額を返済してから行われます。これは抵当権の設定があるためです。しかし、売却代金が残債額より少ない場合には、手持ちの資金から不足しているお金を出さなければ不動産を売ることは現実的には困難です。そこで、買収を行うことで、売却代金が残債額より少ない場合に、手持ちの資金から不足していても不動産を売ることはが可能になります。これは住宅ローンで生活苦をかかえた人を救済するための制度ともいえます。

買収にはメリットがあり、任意売却の中で最も速く不動産を売却できる方法といえます。また、建物の状態が悪くても売却を行うことができ、建物の中に家具や不用品などがある状態でも売却が可能であるという点も利点です。

しかし、デメリットもあります。このような状態で売却を行うため、買い取り額は低めになってしまいます。そのような理由で債権者の同意が取りにくいといった短所があります。
買収は任意売却の一種で、住宅ローンや銀行の融資などの借入残高よりも売却価格が低い場合でも不動産を売却することができる制度です。住宅ローンの支払いなどで債務超過の状態になってしまった不動産を売却することで、家をもっていることが理由で生活に困難を抱えてしまった場合の救済処置と考えられます。

買収のメリットは、不動産を売却する方法の中で最速で売却を行うことができるという点です。また、室内の不用品などを処理しなくても売却を行うことができます。さらに、建物の状態が悪くても売却すること自体は問題ありません。買収で不動産を購入する場合、相手は一般の消費者ではなく、不動産会社などになります。

買収のデメリットとしては、債権者の同意が取りにくいといった点が挙げられます。また、売却可能価格が低い傾向になります。そして、売り手が引き続き居住することができないといった点があり、売却時には引っ越し代などの出費についても覚悟をしておかなければなりません。

しかしながら、家が理由で生活に困るのであれば、任意売却を検討するのも一つの方法であり、物件が比較的速く売れるという点で、早く再スタートが切れるという利点があるといえます。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.