リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

不動産のリースバック・任意売却の無料相談室

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

任意売却の手法と買戻しについて

①任意売却について

ほとんどの人が住宅を購入する際に銀行から融資をしてもらい住宅ローンを組むことが多いです。ローンを組んだあとに病気やリストラ、その他の様々な理由からローンの支払いができなくなった場合、やむを得ず物件を手放す事を考えます。しかし、物件を手放して売却するためにはローンの残債を一括して返済しなければなりません。支払いができずに売却を考えているほとんどの人はローンの残債を一括で支払うのが困難なため、そういった場合に任意売却を利用します。任意売却はローンの残債を一括で支払わずして売却でき、また競売と異なるため売却金額も買い叩かれる事も少なく売主が納得して売却しやすいです。一点注意すべきことは、任意売却を利用するためには住宅ローンの支払が滞っており、銀行から支払いの督促状や催告書が届いている状況である事が条件です。上記以外のようにローンの支払いが遅れていない状況では任意売却とは言いません。そのためローンの支払いが大変で任意売却を考えている人がいれば注意が必要です。任意売却は売却の事実が周辺に知られにくく、また短期間で高く売れる可能性があり、精神面においても人生のやり直しをしやすいことがメリットとも言えます。

②任意売却の手法とは

任意売却と一言でくくっても、手法はいくつかあります。まず一つ目の方法は、そのまま同じ物件に住み続けるという方法です。このメリットとしては、任意売却した事実をご近所や周辺に知られにくいという事が挙げられます。住み続けるためには、その物件を専門業者に買い取ってもらう、または友人知人等に買い取ってもらうという方法になります。そして任意売却した自身においては賃貸物件のように毎月家賃を支払うという形で住み続けることができます。例えば子供の学校を転校させたくない、高齢の親のためにこの家に住み続けたい、というような場合はこの方法が適しています。また場合によっては親子での売買が可能なケースもあります。他の手法としては専門業者に完全に買い取ってもらう方法があります。例えば離婚して1人で住むには家が広すぎる等の理由があれば完全に買い取って、自身は新しい場所に引越すという方法が適しています。この場合早期解決ができるケースもあるので、一刻も早く売却したいと思っている人には向いています。他にも新生活のための準備金や引越し代金を確保できるようなプランもあるので、希望する状況によってそのプランを選択することをオススメします。

③任意売却の買戻しについて

一般的に親子間や親族間での売買契約は銀行が融資してくれず、購入金額を一括で準備する必要があります。しかし場合によっては銀行からの融資も不可能ではないので、買戻しを希望する場合は弁護士等に相談することをオススメします。親子間や親族間での売買が成立し、買戻しができればそのまま同じ物件に住むことができるし、いずれは名義を元の持ち主に戻すことができる可能性もあります。同じ任意売却であっても精神的負担が全く異なるため、この買戻しを希望する人も実は多くいます。また買戻しにあたって親子間や親族間で協力してくれる人がいなくても、買戻しを実施することができるケースもあります。いったん親族以外の第三者名義にしたうえで、後から本来の持ち主が買戻すケースです。その場合は信頼できる第三者にお願いできる状況か、銀行が第三者に融資してくれるかどうかの確認が必要です。また名義変更を2度するため、それに伴って登記等に費用がかかることを了承したうえで行う事が必要です。上記のように任意売却でも買戻しの場合、いずれは自身の名義に戻すことができる可能性があるので、売却する持ち主の精神的負担が軽減されることがメリットです。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.