リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

不動産のリースバック・任意売却の無料相談室

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

任意売却の手法の単純売却について

住宅ローンの支払いでやりくりしているにもかかわらず、借りたお金が返済できずに困っている場合には任意売却を検討するのも一つの方法といえます。家をもっていることが理由で生活に困っているのであれば、債務超過の状態になってしまった不動産を売却することができます。

本来、不動産を売却する場合には売却時に残っている借り入れ全額の返済をしなければなりません。しかし、現実的には売却の代金が、残っている借入額より少ない場合には、手持ちの資金から不足しているお金を出さなければ不動産を売ることはできません。

任意売却は一般的な不動産売却と異なり、借入残高よりも売却価格が少なくても不動産を売却することができます。そして、この場合、その不動産を購入するのはマイホームを中古で購入することを希望する一般の消費者の場合が多いといえます。

任意売却の一種である単純売却にはメリットがあり、不動産を売却する方法のなかで最も売却額が高くなるという可能性があります。売却額は競売で売却した場合の約1.5倍程度になることを期待することもできます。ということは、売却後に残っている債務を一番少なくする可能性が高い方法であるともいえます。 そのことから、債権者の同意を得ることが比較的簡単になりやすいという利点もあります。
任意売却は住宅ローンの支払いなどで債務超過の状態になってしまった不動産を売却するケースが多いです。家をもっていることが理由で生活に困難が生じてしまった場合に不動産を売却するための方法といえます。

本来、不動産売却は売却時に残債全額を返済してから行います。これは抵当権が設定されているためです。しかしながら、売却代金が残債額より少ない場合に、手持ちの資金から不足しているお金を出さなければ不動産を売ることは現実的には困難です。

単純売却は任意売却の一種で、このような一般的な不動産売却と異なり、家をもっていることが理由で生活に困難をきたしている場合に、借入残高よりも売却価格が少なくても不動産を売却することを可能にする制度です。

単純売却にはメリットがあります。不動産を売却する方法のなかで最も売却額が高くなるという可能性がある販売方法であり、売却額は競売で売却した場合の約1.5倍程度になることを期待することができます。また、売却後に残っている債務を一番少なくする可能性の高い方法であるともいえます。そして、債権者の同意を得やすいというメリットもあります。
 しかし、デメリットもあり、室内の状態がよくなければ買い手が見つかりにくいという点が挙げられます。
単純売却は任意売却の一種で、住宅ローンや銀行の融資などの借入残高よりも売却価格が少なくても不動産を売却することができる制度です。住宅ローンの支払いなどで債務超過の状態になってしまった不動産を売却し、家をもっていることが理由で生活に困難が生じてしまった場合の救済処置と考えられます。

単純売却のメリットは、不動産を売却する方法のなかで最も売却額が高くなる可能性が高く、売却額は競売で売却した場合の約1.5倍程度になることもあります。そのため売却後の残債を一番少なくする可能性が高い方法であるともいえます。また、比較的債権者の同意を得やすいということも利点です。

不動産を購入する相手というのは、マイホームを中古で購入することを希望する一般の消費者である場合が多く、単純売却のデメリットとしては、室内のコンディションが良くないと買い手が見つけにくいといった点や、売却できるまで時間がかかるといった点、そして、売り手が引き続き居住することができないといった点があり、売却時には引っ越しを行うなどの出費についても覚悟しなければなりません。

しかしながら、家が理由で生活に困るのであれば、任意売却を検討するのも一つの方法といえます。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.