リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

任意売却のデメリット

任意売却は手間がかかる

家を買ったものの、なんらかの事情で住宅ローンが支払えなくなってしまった、ということもあります。そうなってしまった場合は、担保になっている物件を手放さなければなりません。たいていの場合は競売にかけられ、その売却されたお金を、ローン返済にあてることになります。
そういうとき、任意売却という方法があります。任意売却は、不動産業者が間に入ることによって、競売よりも時間をかけずに、しかもより市場価格に近い、競売より高い価格で物件を売却できるので、債権者、債務者、どちらにとっても良い結果を生むといわれています。
しかしメリットばかりではありません。
たとえば交渉の手間です。


競売の場合は、お金に困った債務者は、特にこれといった手間をかけずに話は進んでいきますが、任意売却の場合は銀行など債権者とのお金の交渉、購入希望者との交渉、内覧、といったこともしなければなりません。他にも保証人にも話を伝えて交渉しなければならないなど、時間と手間がかかります。そのために任意売却業者に頼むことにもなりますが、業者によってはすべての交渉をやってくれるわけでなく、一部は債務者がやらなければならないなど、業者探しにも苦労することがあります。

任意売却業者に任せるにしても、選び方が難しい

住宅ローンが支払えなくなった場合、任意売却という方法があります。競売は、物件の売却価格が八割から、場合によっては五割程度になってしまうこともありますが、任意売却なら市場価格に近い価格で売ることが可能です。
しかしその分手間がかかるので、任意売却業者を探して交渉をしてもらわなければなりません。
任意売却業者がうまくやってくれればいいのですが、うまくやってくれない場合は、時間切れで競売になってしまうこともあります。ですから早く動かなければなりません。ですが任意売却なんて一生に一度あるかないかというものですから、任意売却業者探しに基準すら持つことができずに進めることが多くなります。
しかし、どこの業者でもあっても、広告には経験豊富、多数の実績、と書くに決まっていますから、よくわかりません。単にレベルの低い業者ならまだましですが、悪意を持って、より多く債務者から財産をしぼり取ろうとする業者があるというのも実情です。気づけば、手数料ばかりとられて、結局競売にかけられることになってしまったら目も当てられません。ですから、任意売却業者に任せておけばいいだろうという安易な考えではまずいので、時間をかけずに良い業者を選ぶということが求められます。業者選びに迷ったときは、
リーガル東京に相談してください。

任意売却には連帯保証人との交渉の必要

住宅ローンが払えない、それなら、ということで銀行などの債権者は、裁判所が物件をお金に変えるために債務者の物件競売に出す、というのが、住宅ローンを滞らせた場合の流れです。
しかし、裁判所がやるだけあって、競売は価格が抑えられがちです。購入したいのならともかく、売る場合は不動産業者にお願いしたいです。そういうとき、任意売却という方法があります。
ただ、この任意売却は、高く売れるとか、ご近所に事情を知られなくてすむとか、いろいろメリットはあるのですが、交渉の手間というのがかかります。
債権者との交渉や、購入希望者との交渉は思いつきますが、住宅ローンの連帯保証人とも交渉をしなければなりません。連帯保証人も、良い条件で売れてくれたほうがいいでしょうが、なんらかの理由でお互いの関係性が当時と変わってしまっていた場合は、その関係修復まで手間がかかるなど、とにかく時間がいくらあっても足りないということになります。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.