リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

不動産のリースバック・任意売却の無料相談室

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

任意売却成立後の流れ

任意売却なら競売と違い、市場価格に近い価格で住宅を売却できるので、競売よりも住宅ローンの残債を少なくできる可能性が高いです。
さらに、場合によっては、任意売却後の住宅ローンの残債を圧縮(減額)してもらえることもあるのです。
ただし、金融機関によって、任意売却や残債務の扱いが違いますので、弁護士に相談して確認するようお願いいたします。
競売で住宅を売却する場合、市場価格の7割程度の価格で落札されるケースが一般的ですが、任意売却の場合、市場価格に近い価格で住宅を売却することが多いのです。
つまり、任意売却の方が、自宅を売却した後のローン残債額が小さくなるケースが多いということになります。
ローン残債額が小さいということは、任意売却なら残債務も無理なく返済することができるということです。不動産価格の査定は、弁護士が提携している不動産の専門家等と協力し、残債務をできるだけ小さくできるよう適正な査定を行います。競売になる前に迅速に査定を終える必要があります。
競売の場合ですと、残債務の一括返済を求められるところですが、任意売却であれば、弁護士が交渉を行いますから残債務の一括返済を求められることはほとんどありません。しかし、任意売却により競売より住宅ローンの残債務を小さくすることができたとしても、それでも簡単に返済できる金額でない場合がほとんどです。
債権者もこのあたりのことを理解しているからこそ任意売却を進めているわけですから、売却後の残債務について無理のない方法で分割による返済を認めることがほとんどです。返済できなくなったから任意売却をしたわけですから、その人が任意売却をしたからといって同じ条件で返済できるわけがないからです。
たとえば、任意売却前までは、毎月20万円の返済をしていた人が、弁護士と債権者との話し合いにより、毎月5千円ずつの返済でよいということになります。もちろん、任意売却により残債務が少なくなったから、ここまで毎月の返済額を減らすことができるわけですが、これならば返済する側も、債権者も、どちらにとっても好都合ということになります。
さらに、債権が「サービサー」といわれる債権回収会社に譲渡されている場合、弁護士との交渉の中で、残債務を圧縮(減額)するという提案がなされることがあります。たとえば、300万円の残債務があるとすると、100万円に債務を圧縮(減額)くれるということです。そういう解決が出来ないときや返済できないときは、自己破産の方法が選択できます。
もちろん、このような提案はどの債権者もしてくれるわけではありません。債権者は、できるだけ多くのお金を回収したいと考えるのが当然です。
しかし、現実問題として、任意売却により毎月の返済額が小さい金額の分割になり、返済がすべて済むまで長い期間がかかることになります。合計金額も少ないのですから、時間も労力も多くを費やすことはできません。また、任意売却をした人が、また返済不能になるおそれがあると考えることもあり、返済してもらえる分だけでも確実に回収しようということになります。
残債務を圧縮してもらうことができれば、債務者にとってうれしいことに違いありませんが、さきほども触れましたように、すべてのケースでそうしてもらえるわけではありません。弁護士から提案することもありますが、もし圧縮してもらえれば、さらに残債務を無理なく返済できることになります。
このように任意売却なら売却後の残債務も無理なく返済できるようになるのですが、任意売却後に生活の状況が変わることもあります。病気やリストラなどで毎月の返済が困難になることもありますし、返済どころか毎日の生活さえ満足に送れないということもあるかもしれません。
このようなときも弁護士にすぐに相談してください。任意売却が終われば弁護士との関係も終わるということではありません。同じ弁護士に相談することで、それまでの経緯や今後の対策も立てやすくなります。任意売却以外の相談や対応ができるのは弁護士だけなのです。弁護士にしかできない解決方法があるからです。任意売却もそうですが、できるだけ早く弁護士に相談するようお願いいたします。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.