リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

不動産のリースバック・任意売却の無料相談室

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

リースバックとは!?メリットとデメリットをご紹介!

任意売却と並んで、住宅ローンの返済がやむおえず滞納してしまい返済することができなくなった場合に有効な手段の1つであるリースバック。
このリースバックを行うことでいったいどんメリットがあるのか?そしてどんなデメリットがあるのか?
今回はそれらをテーマにお話させていただきます。
■リースバックとは?
まず、感単にリースバックとは何かをご説明します。
リースバックとは信頼のおける第三者を探し(一般的に投資会社や投資家)、不動産を売却しその第三者に賃料を支払うことで継続して住宅に住み続けるという手段をいいます。
つまり、第三者に不動産を売却し、その第三者はあなたが住宅ローンを組んだ金融機関に住宅の購入代金を支払い、第三者を大家として賃料を払い続けることでその住宅に賃貸として住み続けることができるのです。
このリースバック、例えば子供が通っている学校の学区を変えたくない、この住所を事業所として登録しているから引っ越せない、病気の家族を自宅療養しているため引っ越したくない、とにかく今の家に住み続けたい!という方々にとって非常に有効な手段といえます。
■1度売却しても買戻しが可能?
リースバックは、リースバック終了後に優先権を使い不動産を買い戻すことが可能なのです。
うまり1度手放した住宅を再び自分のものにすることが可能なのです。
人生とは何が起こるかわからず、悪いことがあれば必ずいいことがやってきます。
そんな人生の好期となっているときに、再び不動産を買い戻すことができるのは大きなメリットです。
■知人に購入してもらうことも可能!
先にリースバックとは投資会社や個人投資家に不動産を売却して賃料を払い続けるとご説明しましたが、リースバックはそれだけに限らずあなたの知人に不動産を売却することが可能です。
投資会社や個人投資にとリースバック契約を結んだ場合、それらはまず自分の利益を出すことが大前提となるため、不動産の表面利回りは高い水準に設定されてしまいます。
しかし知人に売却することができれば低い利回りや低賃料を交渉して設定することができるのでこちらもメリットの1つです。
■国都税、住宅ローンの負担がなくなる!
リースバックをすると、引越しの必要がないため出費を抑え、さらに固定資産税等は第三者(投資会社や投資家)の負担になるため家計の圧迫を和らげてくれます。
これにより、家計の改善を助けてくれることとなります。
■賃料を払う必要がある!
メリットもあれば必ずデメリットもあります。
不動産を売却してそこに住み続けるには当然賃料を支払います。
知人への売却が成功すれば賃料交渉をして安くしてもらうことも可能ですが、投資会社や投資家とリースバック契約を結んだ場合、高い賃料を設定されることがあります。
当然賃料交渉にのってくれれば賃料をおさえることができますが、向こうも利益を出すためにやっていることなのでなかなか難しいところです。
■リースバックには期限がある
リースバックは無期限ではなく終了期限が定められています。
■手放さなければいけない場合がある
先に述べた通りリースバックには終了期限が定められており、その期限後に買い戻し優先権により不動産を買い戻すことが前提で契約が結ばれます。
しかいこの期限がきても資金調達できずに買い戻し不可能な場合、不動産を完全に手放すことになります。
また期限終了後の新居が決まっている場合は、買い戻し優先権なしの契約を結ぶこともできます。
以上、リースバックのデメリットをご紹介しましたがいかがですか?
リースバックを利用したいけどいまいちよく分からないという方は、リーガル東京の弁護士へご相談ください。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.