リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス


任意売却の手続はどこに依頼するか


住宅ローンの返済が困難になり、督促状や催促状が届いても支払いに応じられずに競売にかけられてしまうとマイホームは失ってしまいます。


しかし競売では安価で処分されることが多いので、多くの住宅ローンの残債が残ってしまうことがあります。


競売にかけられたからと言って全ての住宅ローンの支払いから解放されるわけではないのです。


一般的に新しい住宅より古い住宅の方が価格が下がっていきますので、多くの住宅ローンの残債を抱えてしまうことが多いです。


そんな競売にかけられる前に任意売却と言う対処方法があります。


任意売却では競売と違って不動産市場で売却を目指すので競売より高い価格が付くことが多いです。


競売物件は新聞広告に出されるので、それを見られると競売にかけられたことを周囲に知られてしまう可能性があります。


しかし任意売却ではそういった心配が無いのもメリットの一つです。


競売より高く売却できた分だけ住宅ローンの残債を減らすことが出来ます。


債権者側としても競売より任意売却の方が回収できる金額が多くなるので応じてくれることが多いです。


マイホームを失った後は賃貸に入居することになりますので、その後の生活を考えると競売はデメリットが多いです。


任意売却をご本人で手続しようとしても知識が無いと中々難しいものがあります。


そんなときでも専門知識を持った業者に依頼すればスムーズに手続が進みます。


依頼先としては専門の不動産業者、弁護士といった士業があります。


どちらに依頼しても同じではないのできちんと選定することが大切です。


専門の不動産業者では不動産についての知識は豊富ですが、実績が少ないと法的な手続についての知識に乏しいことがあります。


任意売却は法的な手続ですので、専門の不動産業者に依頼するときは実績が多いところを選定された方が良いです。


しかし任意売却後の住宅ローンの残債の返済と言った生活再建のことまで考えると、弁護士に依頼した方がメリットがあります。


弁護士では債務整理の手続もサポートしています。


万が一、住宅ローンの残債まで支払いが出来なくなったら、弁護士に債務整理の手続も依頼することが可能です。


任意売却では債権者と交渉を進めることが必要ですが、法的な交渉は不動産業者では出来ず、交渉権のある弁護士しか出来ないです。


不動産についての知識も弁護士より不動産業者の方が豊富です。


ですが弁護士事務所の中には不動産業者と提携しているところがあるので、そういった事務所に依頼されると不動産についての知識も豊富です。


不動産業者でも弁護士でも任意売却自体の費用は持ち出しせずに済みます。


それは物件の売却で得られた売却代金の中から費用が支払われる仕組みだからです。


専門の不動産会社や弁護士、どちらを選定するにしても実績は大事ですので参考にしてみて下さい。


会社や事務所がどこにあるのか分からないときは最近ではホームページを開設している場合が多いので、閲覧すればすぐに分かります。


どういった特徴があるのかもご相談する前に把握することが出来ます。


任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!




解決事例


相談員(弁護士)のご紹介


アクセス


手続き費用


お客様の声


よくある質問

banner_contact.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.