リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス


現在持っている現金と任意売却について


経済的な事情によって住宅ローンを支払う事が出来なくなり、持ち家である自宅と不動産物件を任意売却で売却する場合、任意売却時の手持ちの現金の預貯金額がいくらあるかどうかを気にされる方が少なくありません。


しかし、任意売却をされる方は基本的に現在の手持ちの現金の額について必要以上に心配する必要なありません。


今回は、なぜ、任意売却時に所持している現金の額がそれほど重要では無いか、という事について詳しく説明をさせていただきます。


■任意売却時にかかる費用とは


任意売却をする際にかかる費用としては、


・任意売却を仲介する仲介業者へ支払う仲介手数料


・任意売却時の必要書類作成の際にかかる印紙代


・抵当権を抹消する為の抹消費用


・住所変更の際の登記費用


・任意売却後に自宅を出る際の引っ越し費用


があります。


■任意売却時に手持ちの現金が重要ではない理由


確かに任意売却を行う際には任意売却を仲介する仲介業者への仲介手数料となります。


任意売却時の仲介業者への仲介手数料は売主である不動産の所有者が支払う事となるのですが、この仲介手数料は成功報酬として仲介業者へ支払いが行われますので、任意売却によって得る事が出来た不動産物件の売買代金から差し引いて支払われる形となります。


つまり『任意売却前に売主が仲介業者へ支払う仲介手数料の費用を用意する必要は無い』のです。


そして任意売却時に必要な書類作成費用、土地の登記変更費用、印紙代なども任意売却時に売主が負担する事となりますが、これらの費用も全て任意売却後の売買代金から差し引いて支払う形となるので、任意売却をする不動産所有者の方が売却にかかる経費の費用を先に支払って負担しなくてもOKなのです。


■任意売却時の引っ越し代金について


上記のように任意売却時には不動産物件を売却する売主の方が事前に費用を用意する必要はまったくありません。


しかし、任意売却後に自宅を出る際の引っ越し費用については売主の方が用意しておく必要があります。


ただし任意売却には不動産物件の売買の仲介を行う仲介業者によっては売主が自宅を出る際の引っ越し代金も任意売却によって得られた売買物件の代金から差し引いて負担してくれる場合もあるので、その場合は任意売却を行った売主の方は引っ越し費用すら事前に用意しておかなくても大丈夫、という事になります。


ただ、このように仲介業者が任意売却を行った売主の方の引っ越し費も売買物件の売却代金から差し引いて支払ってくれる、というケースは必ずしもある訳ではありませんので、やはり引っ越し費用、そして当面の生活費用程度は任意売却を行った売主の方が用意しておく必要があると言えます。


ちなみに、一般的な住宅における引っ越し費用は10万円から30万円と言われており、それ以上の引っ越し費用を「任意売却の引っ越しには通常の引っ越しよりも費用がかかる」などと嘘をついてせしめようとする悪徳引っ越し業者も存在していますので、注意が必要です。


■最低限の現金を用意出来なければ、仲介業者と相談


任意売却をする際に手持ちの現金が少ない事で任意売却を諦める方が少なくありませんが、これは本末転倒と言えます。


なぜなら任意売却を決断する時点で売主の方の経済事情が厳しくなっている事は明確な事ですので、任意売却を行う売主の方に手持ちの現金が無い事はなんら不自然な事では無いからです。


この為、任意売却時にかかる引っ越し代金や当面の生活費を用意出来ない場合には、任意売却を仲介する仲介業者と話し合い、引っ越し代金や生活費を任意売却で売却した売買物件の代金から捻出してもらう事をおすすめします。


任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!




解決事例


相談員(弁護士)のご紹介


アクセス


手続き費用


お客様の声


よくある質問

banner_contact.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.