リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

不動産のリースバック・任意売却の無料相談室

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • 不動産のリースバック・任意売却の無料相談室
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

任意売却後の残債

任意売却後の残債、つまり、残ったローンはどうなるのでしょか?
今回は、任意売却後の残債務について、詳しく説明しています。
例えば、住宅ローンが支払えなくなってきた為、家の売却を考えているケースを想定します。
この場合、任意売却であれば、残債務がある家であっても、銀行と交渉して売却できるのでしょうか?
また、売却できる、というのであれば、その残債の支払いはどうなるのでしょうか?
この場合の回答は、任意売却をしたとしても、債務(借金)が残る場合があります。ただ、残った残債は、小額ずつ、無理のない範囲で返済していくことが可能であるため、これまでの支払い通りに支払う必要はありませんので、その点、楽になります。
また、場合によっては、任意売却時に残高を減らしてもらえる場合もあるようです。
ここで、任意売却の仕組み、及び、お金の流れについて、改めて説明します。
任意売却は、保証会社が債務者に代わって支払いますが、このことを、代位弁済と呼んでおります。
債務者はその払ってもらった金額を、委託を受けた債権回収会社か、あるいは、保証会社へ返済します。返済は、マイホームを売却してその代金を支払いますが、任意売却は、マイホームの現在価格よりローン残高の方が多いため、家を売ってもローン全額を返済することは出来ない場合があります。つまり、ローン残高から物件価格を差し引いた金額が、残債として残ってしまうのです。残債は直ぐに支払わなければいけないのですが、直ぐに支払える人は、殆どおらず、その点は債権者も承知の上なので、できる範囲で、返せる範囲で、返せる時期に返済してもらおう、という方法になるのです。例えば、月に1万、2万円ずつなど、話し合った上、支払っていける範囲で、且、無理なく支払っていく、という方法になります。
住宅ローンは、家・土地を担保にする借入れであるに対して、残債は無担保債務となるわけなので、支払いが難しくなった状況であっても、厳しく取立てられることはあまり多くなく、柔軟に対応してもらえます。
また、任意売却後、残債の支払額を減額してもらえることがあるます。
例えば、本当は700万円の残債があるケースで、400万円に債務を圧縮してもらえる、といったケースもあります。
これは、勿論債権者は少しでも多くの返済をしてもらいたい、と思ってはいるのですが、しかし、いつ完済できるかわからない債権を、長期追いかけることは、できないという事情もあるためです。このようなケースでは、債務者の状況を考慮し、現実的な、返済可能な金額で話し合いをつけ、問題を解決、返済してもらう、という場合があります。債務者にとっては不幸中の幸いですが、全ての債権者が応じてくれるとは限りませんし、考慮される控除額もケースバイケースで、相違がありますので、本人の希望通りにならないケースも多くあります。
これまでの説明を纏めますと、任意売却後の残債については、下記の通りです。
•任意売却をしてもローンの残高は0にならないケースが多いです。
•残債は、許容範囲で分割で支払うことができます。
•減額してもらえるケースもあります。
尚、病気やリストラ等の理由で、小額の支払いでも厳しい人や完済まで長期間小額返済を続けなければならない人は、自己破産も、一つの解決方法です。
多重債務の方や生活再建の目処の立たない方は、これも一つの方法として、弁護士等に相談してみても良いかもしれません。最終的に行き詰ってしまったら、最後おは、専門科等の意見を伺うことで、無事に問題なく、解決できるようにしましょう。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.