リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

リースバックのメリットについて

任意売却は、住宅ローンの滞納や、借入金が返済不能になった場合に有効な解決手法の一つで、競売になる前に所有者の意思で不動産売却を進めます。競売になると所有者の意思に関係なく強制的に売却が進みます。ただし、任意売却は通常の不動産取引とは異なり、債権者の合意が必要とされています。債権者側としても、手続きに時間がかかり、回収額の低い可能性が高い競売よりは、任意売却による売却に合意するケースが多くあります。任意売却では、売却代金の中から住宅ローンの他、滞納税金の清算もできます。

リースバックとは、買受支援者へ不動産を売却し、賃料を支払う事で継続的に不動産が利用できる方法です。将来的に、リースバックが終了した後に物件を買い戻すことも可能といわれます。不動産が債務超過やオーバーローンをしている場合でも任意売却を併用することで、リースバックが可能になります。任意売却後も現在の家に住み続けたい場合に活用される手法の一つです。

また、リースバックには相続対策上のメリットもあります。不動産を売却して代金分配後に不動産を利用できる方法がリースバックです。不動産のリースバックは、第3者である投資家や私募ファンドなどに適正価格で不動産売却を行った後、購入した第3者と不動産賃貸借契約を結ぶことで、不動産を現状のまま利用することができます。売却して得た資金が債権者に配分され、代金を公平に配分することができます。そして、賃貸契約に基づいて家賃を払いながら不動産を利用することができます。

公平に代金は配分されたものの、そのままでは不動産の所有権はありません。将来的に所有権を回復させたい場合には所有権買戻しの条項を記載することで賃貸不動産の所有権を回復することが可能になります。これを不動産のバイバック契約といいます。

このような不動産への対応が行われる背景には、近年の長引く経済の低迷があるといわれています。事業資金や住宅ローンの返済が困難になってしまい、滞納状況が続いてしまうと、不動産の競売に直面します。競売では落札された価格で取引に応じなければなりません。市場価格を大きく下回る落札額でも応じないわけにはいきません。任意売却をせずにそのまま放置してしまうと入札制度によって最高金額を提示した入札者に売却され、強制的に退去しなければならなくなります。

競売入札が開始される前までに任意売却をすれば、不動産所有者が債権者と合意の上で、市場価格に近い適正価格で売却が可能です。引越にかかる費用が捻出される可能性もあり、競売による裁判所での公示もないので精神的なダメージが少ないというメリットがあります。そして、第三者の協力があれば不動産リースバックにより、現況のまま不動産を利用することも可能です。さらに不動産バイバック契約を締結すれば将来的に所有権の回復も可能となります。

さらに、不動産リースバックは、資金調達の一手法として積極的に行なわれる場合もあります。まとまった資金が必要になる場合や、店舗や工場の不動産を売却して現金化したり、純資産利益率の向上を図る経営戦略に活用したりすることでリースバックには資金繰り効果があります。

このような不動産リースバックによって資金調達が可能となります。まず、所有している不動産を第3者の協力者に売却することで資金の調達と同時に不動産を現状のまま利用するリース契約を締結します。そして、契約に基づいて賃料を払うことでこれまで通りに不動産が使用できます。このような点でもリースバックは様々なメリットがあるといえます。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.