リーガル東京のリースバック・任意売却の無料相談室

リーガル東京グループが住宅ローン返済や住宅競売の悩みをベスト解決! 任意売却・債務整理無料相談室 リーガル東京は弁護士法人・税理士法人・不動産会社のグループです。

メール24時間受付中 無料相談のご予約はこちら 0120-202-111 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の一部 銀座相談室 03-3569-0321 池袋相談室 03-3980-3093 受付時間 平日:10時~19時 土日祝日:10時~18時

  • HOME
  • 相談員紹介
  • 手続費用
  • アクセス

住宅の任意売却について

住宅ローンの支払いでやりくりしているにもかかわらず、借金が返済できずに困っている場合、任意売却という手段によって債務超過の状態になってしまった不動産を売却することができます。

通常、不動産を売却する場合には売却時に残っている全借り入れ額の返済をしなければ住宅を売ることはできません。しかし、現残っている借入額より売却代金が少ない場合、手持ちの資金から不足しているお金を出さなければ不動産を売ることは出来ないのが一般的です。

家を持っていることが理由で生活に困窮している場合には、家の持ち主を救済する視点から、単純売却によって、借入残高よりも売却価格が少なくても不動産を売却することができる制度があります。任意売却には買収や単純売却などの手法があります。それぞれ方法が違いますが、住宅ローンの支払いで生活に困難を抱えてしまっている債務者の救済という目的で行うことができます。

任意売却の一種である単純売却には長所があります。不動産売却の方法のなかでは最も売却額が高くなるという可能性がある方法です。売却額は競売で売却した場合の約1.5倍になることを期待することもできます。逆にいえば、単純売却は売却後に残っている債務を一番少なくする可能性が高い方法ということができます。

そのことから、債権者の同意が比較的得やすいという利点もあります。この場合、その不動産を購入するのは自宅を中古で購入することを希望している一般消費者の場合が多いといえます。

しかしながら、家の状態がよくなければ購入先が見つからないという傾向もあり、建物の中に家具や不用品などがある状態では買い手である一般の消費者は購入行動には結びつかないといわれています。

また、任意売却の一つには買収とよばれる方法もあります。買収は、単純売却と近いとされる不動産の売却方法です。買収の長所は任意売却の中で最もはやく不動産を売却できる点が挙げられます。また、建物の状態が悪くても売却を行うことができ、建物の中に家具や不用品などがある状態でも売却が可能であるという点も長所に挙げられます。不動産を購入するのは物件を探している不動産会社などが多いといわれます。

買収の短所としては、こうした状態で売却を行うため、買い取り額が低めとなってしまうということが挙げられます。したがって、債権者の同意が取りにくいといった短所があります。

任意売却と自己破産はセットで考えられることが多く、任意売却を希望する人の多くはその後自己破産する傾向があるといわれています。自己破産とは破産法で定められた債務整理の方法の一つで、ローンの債務者が家庭裁判所に申し立てを行い、裁判所の許可を得て債務を免責にする方法です。多額の借金などで支払いできなくなった人の救済を目的として行われます。地方裁判所から免責許可の決定が下りると、生活に必要なものを除いた財産を失います。しかし、同時に全ての債務の免除が認められます。

このように、任意売却は家をもっていることが理由で生活に困難が生じてしまった場合に不動産を売却するための方法で、住宅ローンの支払いや銀行からの住宅に関する借り入れなどが原因で債務超過状態になった不動産を売却することです。

通常の方法である売却時に残債全額を返済してから行われる不動産売却方法と異なり、売却代金が残債額より少ない場合に手持ちの資金が不足していても不動産を売ることができる制度です。これは住宅ローンで生活苦になってしまった人を救済するための制度ともいえます。任意売却の手段には単純売却や買収とよばれる方法などがあり、それぞれメリットとデメリットがあります。

任意売却に関するご相談は、弁護士法人リーガル東京にご相談下さい!

解決事例

相談員(弁護士)のご紹介

アクセス

手続き費用

お客様の声

よくある質問

banner_contact.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.